【2023年最新】おすすめメール配信システム25選|選び際のポイントもわかりやすく解説します!

【2023年最新】おすすめメール配信システム25選|選び際のポイントもわかりやすく解説します!

メルマガ配信は、適切なターゲットに必要なタイミングで行うことが重要です。さまざまなメルマガ配信サービスがあり、自社にあったタイプを選ぶことで効果的なメールマーケティングが可能になります。

この記事では、メルマガ配信サービスの選び方やおすすめの会社などを詳しく説明していきます。

メール配信システムとは?

メール配信システムとは、相手に届きやすいような仕組みを活用するだけでなくHTMLメールを作成したり予約配信をしたりなど、さまざまな方法でメールを読んでもらえるように配信するシステムです。一般的に届くメルマガは配信システムを使うことがほとんどといっていいでしょう。

一斉メールとはいえ、相手先の名前を挿入したり配信対象者によってメールを分けたりするなど、受信者にメリットがあるように送ることが可能です。サービスによっては開封率や到達率などを確認する効果測定機能があり、効率的なマーケティングをサポートします。

ちなみに、次のページでは、メルマガの目的やメリットを解説しています。ぜひあわせて参考にしてみてください。

参考:メルマガとは?目的やメリット、デメリット、よくある質問をわかりやすく解説

メール配信システムを選び際のポイントは4つ

メール配信システムを選ぶ際には次の4つのポイントが挙げられます。

  • 必要機能の有無
  • 料金価格
  • セキュリティ要件
  • サポート体制

ポイント1.必要機能の有無

メール配信システムによって様々な機能が含まれています。そのため必要な機能を搭載しているメール配信システムを選ぶことが重要です。

例えばメール配信システムjによってはマーケティング機能があり、ABテストをはじめとしたさまざまな施策ができる場合があります。他にも英語のメールを送りたい、HTMLメールを送りたいなどそれぞれ企業の目的に応じて必要な機能を搭載したメール配信システムを選ぶようにしましょう。

ポイント2.料金価格

メール配信システムによって料金が異なります。適切な価格のサービスでないと、無駄なコストがかかってしまうことがあります。メルマガ配信を導入する目的を達成できるサービスを選ぶようにしましょう。

また、メール配信サービスによっても料金体系がまちまちであり、配信数によって料金が変わるタイプや固定金額のタイプなどがあります。配信サービスが少ない場合は従量課金制のシステムを選ぶことでコスト削減につながる可能性があります。

ポイント3.セキュリティ要件

メール配信をする場合、顧客の個人情報を扱うためセキュリティ対策が重要です。そのため、セキュリティ対策が充実しているメルマガ配信サービスを選ぶようにしましょう。

特に、クラウド型のメール配信サービスを選ぶ場合、サービス提供会社のサーバーを利用することになるため、ISMSやプライバシーマークを取得しているかどうかなど、セキュリティ関連の機能を確認するようにしましょう。

ポイント4.サポート体制

メルマガ配信サービスが通常通りに動かない可能性があります。そこで、いつでもサポートをしてくれるような体制のあるサービスを選ぶようにしましょう。

サポート体制が充実していれば、不具合があった場合でもスムーズに解決でき、予定通りのマーケティング施策を進められます。システムの修復に時間がかかってしまうと、メール配信が遅れてしまい予定通りに進められなくなる可能性があるのです。

【無料】おすすめメール配信システム7選

メール配信システムには無料のタイプもあります。はじめてメール配信する場合は無料のタイプから始めるとよいでしょう。この章ではおすすめの無料メール配信システムを7種類紹介します。

メール配信システム特徴費用
sendinblueさまざまな個人情報にてパーソナライズ可能要問合わせ
mailchimpドラッグをするだけでHTMLの作成が可能Premiun
月額34,500円
Standard
月額1,750円(1ヵ月無料)
Essentials 
月額1,150円(1ヵ月無料)
Free
0円
acmailer無料で無制限にてメール配信できるサービス要問合わせ
オレンジメール操作がシンプルで分かりやすいプラン2000
月額料金2,480円
プラン5000
月額料金3,980円
ビジネス版
月額料金7,980円
エンタープライズ版
月額料金30,000円
Milky Stepループメール配信やステップメール機能などを搭載プラン2000
月額費用2,480円 
初期費用12,800円
める配くんブラウザを使って操作できるめる配フリー
月額費用0円 
初期費用0円
める配ライト
月額費用1,867円
初期費用4,400円
める配7
月額費用2,376円
初期費用4,400円
める配10
月額費用4,950円
初期費用4,400円
める配20
月額費用9,702円
初期費用4,400円
める配50
月額費用18,810円
初期費用4,400円
める配70
月額費用29,700円
初期費用4,400円
める配100
月額費用39,600円
初期費用4,400円
める配アタッチ
月額費用2,809円
初期費用4,400円
まぐまぐ!日本最大級のメルマガ配信スタンド要問合わせ

1.sendinblue

sendinblue

引用:Sendinblue

sendinblueは、メールマーケティングやチャット、SMSマーケティングなどさまざまな機能を搭載しているサービスです。無料プランでも、受診者の誕生日や名前といったさまざまな個人情報にてパーソナライズできるほか、9つの配信ワークフローから自動配信が可能です。

さらに、有料プランにすることで配信時間最適化やA/Bテストができるようになります。テンプレートが豊富に揃っている点も特徴であり、初めて利用するユーザーでもビジュアル性の高いメール配信が可能です。

2.mailchimp

mailchimp

引用:mailchimp

mailchimpは、月額配信メールが12,000通以内、登録メールアドレスが2,000件以内であれば無料で利用できるサービスです。有料版を利用するとそれぞれの利用数が増えたりステップアップメール配信、レポート機能、予約配信などさまざまな機能が増えます。

エディタを活用することにより、ドラッグをするだけでHTMLの作成が可能です。英語表記ですが、一度慣れると問題なく利用できるでしょう。

3.acmailer

acmailer

引用:acmailer

acmailerは、Webサイトに設置するタイプのCGIシステムで無料で無制限にてメール配信できるサービスです。無料でありながら、不着メール管理やパーソナライズメール作成、HTMLメール作成など豊富な機能が揃っています。

パソコン以外にもスマートフォンからもメール配信をできるため、業務効率化につながるメルマガ配信サービスです。

4.オレンジメール

オレンジメール

引用:オレンジメール

オレンジメールとは操作がシンプルで分かりやすいことから、 初めてメール配信をする企業にもおすすめのメルマガ配信サービスです。 6ヶ月限定で利用できる無料プランがあり、 とりあえず 始めてみたい場合にも安心です。

 無料プランであっても配信メール数や登録メール数に制限がありながら、充実した メールマーケティングをすることが可能です。 さらに IPウォームアップを使うことによって高い 到達率を実現できます。

5.Milky Step

Milky Step

引用:Milky Step

Milky Stepとは、メルマガ配信スタンドや配信業者などを通さないメルマガ配信サービスです。独自のサーバーを活用し、ステップメールやメルマガなどを配信できます。

スパムメールを防止するために、独自の配信システムを使うことが一般的となっています。Milky Stepは日本で初めてループメール配信やステップメール機能など一括にまとめたシステムです。

6.める配くん

める配くん

引用:める配くん

める配くんは、メルマガ配信のほかにステップメールを送付できるなど様々な機能のあるメルマガ配信サービスです。ブラウザを使って操作ができるため、インストールや設定などをする必要がありません。

無料プランと有料プランがありますが、無料プランでも機能の制限はありません。登録数を増やす場合は有料プランにすることで対応可能です。

7.まぐまぐ!

まぐまぐ!

引用:まぐまぐ!

まぐまぐ!とは、1997年から運用を開始しており多くの著名人が配信する日本最大級のメルマガ配信スタンドです。情報配信のみおこなうことができ、マーケティングに効果的となる機能はありません。

本文中に広告が表示される無料版のほかに、月額料金にマージン料を支払う有料版があります。オプション機能を活用することで、効率的な購買者数の増加が見込めるサービスです。

【有料】おすすめメール配信システム17選

メール配信システムには有料のタイプと無料のタイプがあります。有料のタイプには、無料のタイプにないようなさまざまな特徴があります。この章では17種類のサービスを紹介します。

メール配信システム特徴料金
Senses重量課金制Starter
月額27,500円~
Growth
月額110,000円~
EnterPrise
月額330,000円~
配配メール分析機能や 集計機能要問合わせ
SendGrid累計で月間600億通のメールを配信フリー
0円
エッセンシャル40K
月額2,300円
100K
月額4,600円
Pro100K
月額12,000円
300K
月額30,000円
メールワイズメールに関連するトータルマーケティングをサポートスタンダードコース
月額1ユーザー500円
年額1ユーザー5,880円
初期費用
無料プレミアムコース
月額1ユーザー1,500円
年額1ユーザー17,6400円
初期費用
無料
ferret Oneリード情報を獲得できる月額費用100,000円~
初期費用100,000円~
blastmailDKIM署名機能を搭載Lightプラン
月額3,000円~
初期費用10,000円
Standardプラン
月額6,000円~
初期費用10,000円
Proプラン
月額30,000円~
初期費用50,000円
Bow Now11,000社以上の導入事例ありフリープラン
月額0円
エントリープラン
月額12,000円
ライトプラン
月額24,000円
スタンダードプラン
月額36,000円
ビジネスプラン
要問合せ
Hubspot Marketing Hub複数のマーケティング施策を活用してさまざまな視点において分析ができるStarter
月額5,400円
Professional
月額96,000円
Enterprise
月額432,000円
アララ メッセージ自社開発を10年以上続けている月額7,000円~
AutoBiz電話でのサポートが充実スーパーライト
月額1,815円~
初期費用11,000円
ライト
月額2,934円~
初期費用11,000円
スタンダード
月額4,992円~
初期費用11,000円
PowerStepMailメール到達率や 開封率を上げやすい仕組みがある基本プラン
月額9,900円
初期費用11,000円
独自ドメインプラン
148,500円(3ヶ月~)
WEBCAS e-mail8000社以上の導入実績クラウドサービス(月額課金)ASP型
初期費用3万円~
月額費用1万円~
SaaS型初期費用50万円~
月額費用10万円
パッケージ導入版
200万円~
保守費用 別途
Customers Mail Cloudマーケティングに特化したメルマガ配信サービス要問合せ
ベアメールメールプロバイダにおけるブロックの防止が可能要問合せ
WiLL Mail感覚的な操作でメルマガを作成から送付まで可能シンプルプラン
月額4,000円~
プレミアムプラン
月額10,000円~
Jcity10年以上の実績ベーシックプラン
月額6,600円
契約事務手数料3,300円
スタンダードプラン
月額11,000円
契約事務手数料3,300円
エンタープライズプラン
月額44,000円
契約事務手数料 44,000円
エキスパ利用会員数は30万人以上Lightプラン
初期費用0円
月額3,800円
Basicプラン
初期費用0円
月額8,140円
Pro
初期費用0円
月額16,170円
(初期費用は期間限定、通常は各プラン5,000円)

1.Senses

Senses

引用:Senses

Senses直感的に利用することができ 複雑なHTML メールであっても ドラッグ&ドロップで作ることができるメルマガ配信サービスです。 メール一斉配信機能を始めとして 様々なサービスを提供しています。

 登録メールアドレスに応じた重量課金制であるため、必要な方だけ メールアドレスを登録することが可能です。 メールを配信するだけでなく クリック や 開封 などの 結果を分析することによって、より成果につながるようなメールマーケティングを進められます。 

2.配配メール

配配メール

引用:配配メール

配配メールは、One to Oneメールや一斉配信、ステップ メールなどに対応しているメルマガ配信サービスです。 様々なサービスを提供していることからマーケティング施策を実現しやすい特徴があります。

分析機能や集計機能が充実することから効果的にエンゲージメントを高められます。配信結果を様々な角度において分析することで、リアルタイムに有効なメールリストを保持することが可能です。 そのため 業務効率化につなげることができるメルマガ配信サービスです。

3.SendGrid

SendGrid

引用:SendGrid

SendGridは、アメリカのサービスであり高いメール到達率が特徴であるメルマガ配信サービスです。累計で月間600億通のメールを配信しており、 様々な実績があります。

メールマーケティングにおいて必要な機能であるマーケティングキャンペーンは、初めてメールマーケティングに携わる人であっても導入しやすい サービスです。様々な方法において分析をするため、スピード感が必要な企業であっても 便利なメルマガ配信サービスです。

4.メールワイズ

メールワイズ

引用:メールワイズ

メールワイズは、サイボウズが運営しているメルマガ配信サービスです。様々なコースがありますがスタンダード コースであれば1ユーザーごとに 月額500円で利用できます。お問い合わせメールへの対応やメールのやり取りを共有、他にもメールの一斉送信ができます。

30日間無料で利用することができるため、 初めて利用する企業でも安心です。 メールに関連するトータルマーケティングを考えている企業にとって おすすめのメルマガ配信サービスです。

5.ferret One

ferret One

引用:ferret One

ferret Oneは、Webサイトの構築がメインですがWebサイトにおいて 資料請求や問い合わせ などが発生した場合に、リード情報を獲得できます。リード獲得を活用することにより効果的にメールマーケティングを進められます。

 ステップメールやHTML メールなどの機能があり、読者に対して有益な情報を提供できるコンテンツを作成することにより コンバージョン率を高めることが可能です。 

6.blastmail

blastmail

引用:blastmail

blastmailは、1時間に280万通のメールを送信することができるメルマガ配信サービスです。スピーディーにメールを配信する時に活用しやすく、またIT技術がなくてもデコメールや HTMLメールを簡単に作成することができるのが特徴です。

登録フォームやQRコードなどの機能も充実しており、様々なターゲットへアプローチすることが可能です。さらに、DKIM署名機能を使うことによって、迷惑メール としてフォルダーに振り分けられないように できる機能もあります。

7.Bow Now

Bow Now

引用:Bow Now

Bow Nowは、メールマーケティングをはじめとしたさまざまなマーケティング施策を管理できるメルマガ配信サービスです。ターゲットに対してHTMLメールを送るほか、登録していない名刺からメールアドレスを抽出して一括してメールを送信することも可能です。

11,000社以上が導入しており、継続率は98.4%と多くの企業が安心して継続しています。広告と連動して分析することで、より効果的なマーケティング施策をできるメルマガ配信サービスです。

8.Hubspot Marketing Hub

Hubspot Marketing Hub

引用:Hubspot Marketing Hub

Hubspot Marketing Hubは、ブログやランディングページ、そのほかのWebページにおいてコンテンツを作成、分析機能のあるメルマガ配信サービスです。A/Bテストやパーソナライズメールの作成などさまざまな方法で効果的なメールマーケティングをサポートします。

複数のマーケティング施策と併用することによって、さまざまな視点での分析が可能であり効果的なマーケティング活動を支援できるサービスです。

9.アララ メッセージ

アララ メッセージ

引用:アララ メッセージ

アララ メッセージは、自社開発を10年以上続けておりノウハウを活かして受信先に最適な配信をできるメルマガまい進サービスです。メールが届かない、遅れて届くといったトラブルを改善し工数を減らすことから業務改善につながります。

効果測定やステップメール配信、HTMLエディタ、迷惑メール対策などさまざまな機能を標準サービスで利用可能です。100種類以上のテンプレートがあり、ターゲットにあったデザインのメール配信ができます。

10.AutoBiz

AutoBiz

引用:AutoBiz

AutoBizとは、メルマガ配信のほかにシナリオに合わせてステップメールを送付できるメルマガ配信サービスです。シナリオをターゲットに合わせて設定できることから、メールの到達率や開封率が上がることが期待できます。

多言語に対応しており、海外にターゲットがいる企業にもおすすめです。電話でのサポートが充実していることから、不明な点があった場合でも早急に問題解決ができます。

11.PowerStepMail

PowerStepMail

引用:PowerStepMail

PowerStepMailは、自動返信メールのカスタマイズを自由にすることができターゲットに合わせたメール返信をできるメルマガ配信サービスです。 配信したメルマガを迷惑メールに振り分けられないように工夫されていることから、 メール到達率や 開封率を上げやすくなっています。

 複数の料金プランがあり、それぞれのプランにおいて 月間 配信数の上限が設定されています。メルマガ配信の他にステップ メール配信もできるなど様々な機能を兼ね備えたサービスです。

12.WEBCAS e-mail

WEBCAS e-mail

引用:WEBCAS e-mail

WEBCAS e-mailは、大手企業を中心として8000社以上の導入実績があるシリーズのメール配信システムです。 より効果的なマーケティングを行うために、様々なデバイスへの対応や 外部システムへの連携など幅広く運用できます。

 ターゲットの属性や購買履歴などのデータを分析することにより、最適なメールをスピーディーに配信できるメルマガ配信サービスです。

13.Customers Mail Cloud

Customers Mail Cloud

引用:Customers Mail Cloud

Customers Mail Cloudは、HENNGE株式会社が運営しているマーケティングに特化したメルマガ配信サービスです。DKIMやDMARC などといった 迷惑メール対策の他に。 配信 禁止時間帯や 優先度制御 など様々な設定ができます。

 データセンターを様々な場所に分散することによって複数台のメールサーバーを配置することができ、障害時のBCPに対応しています。さらに、自動リカバリや障害検知など安心して導入できる特徴がある点が特徴です。

14.ベアメール

ベアメール

引用:ベアメール

ベアメールは、メールの到達率を改善するために 様々な特徴がある メルマガ配信サービスです。 従来 到達率を上げるためには メールサーバーのIPアドレスにおける信用スコアをあげることが必要ですが、ベアメールでは必要ありません。

さらに、メールプロバイダにおけるブロックの防止が可能であり、商品購入や支払い確認など 確実に情報を届けたい場合に有効です。

15.WiLL Mail

WiLL Mail

引用:WiLL Mail

WiLL Mailは、複数のプランがありかけた費用が無駄にならないように運営できるメルマガ配信サービスです。また、無料トライアル期間があるため、自社にあっているかどうかの判断が可能です。

感覚的な操作でメルマガを作成から送付までできるため、IT知識がない人でも業務効率化につながります。メルマガ配信のほかにステップメールの送付にも対応しているサービスです。

16.Jcity

Jcity

引用:Jcity

Jcityは、ネットビジネスにおいて運用開始後10年以上の実績があるメルマガ配信サービスです。迷惑メールが届いた場合に通報機能があったり、低価格であったりなどさまざまな特徴があります。

確認できるだけでも1,000件以上の契約数があり、豊富な実績やノウハウがあります。メール配信を効果的に活用するために、メール配信に直結したデジタルコンテンツの配信も行っているサービスです。

17.エキスパ

エキスパ

引用:エキスパ

エキスパは、効率的なマーケティングと情報配信に対応できるメルマガ配信サービスです。商品販売やWebサイト制作、フォーム機能など複数の機能が含まれていることから、業務効率化やコスト削減につながります。

メルマガのほかにLINEやショートメールなどさまざまな配信方法に対応しています。2021年時点で利用会員数は30万人を越えており、豊富な実績があるメルマガ配信サービスです

メルマガ配信サービスでよくある3つの質問

メルマガ配信は効果的なマーケティング方法として使われるケースが増えています。しかし、全て自社でメールを配信していては手間がかかりすぎるため、メルマガ配信サービスを使うことが一般的です。

メルマガ配信サービスにおいて次のような質問が多く見受けられます。

  • メルマガ配信ツールの主な機能は何ですか?
  • メール配信システムを導入するメリットは何ですか?
  • メール配信システムを導入するデメリットは何ですか?

それぞれの特徴において詳しく説明していきます。

質問1.メルマガ配信ツールの主な機能は何ですか?

メルマガ配信ツールによって利用できる機能は異なりますが、主な機能は次の点です。

  • メルマガの一斉送信
  •  HTMLメールの作成
  •  ステップ メールの作成と送信
  •  配信 結果の分析と改善案の提供

メルマガ配信サービスは メルマガの送信だけでなく、HTMLメールやステップメールの作成もおこなうことが一般的です。さらにメールの開封率をはじめとした配信結果の分析、さらには改善案の提供までおこなうサービスもあります。

質問2.メール配信システムを導入するメリットは何ですか?

メルマガ配信システムを導入することにより様々なメリットが考えられますが、 主なメリットは次の3点です。

  • メールマーケティングへの活用
  • 業務効率化
  • セキュリティ対策

メルマガ配信をするだけでなく、メールに記載しているURLのクリック率や 開封率などがわかる機能を提供しているサービスがあります。さらにメール内容のセグメントを行うなど様々な方法でメールマーケティングへの活用に使われることがあります。

メールを一斉に配信することにより手間を大幅に減らすことが可能です。この他一斉にメールを配信することからヒューマンエラーによる誤送信の防止など、セキュリティ対策にもつながります。

質問3.メール配信システムを導入するデメリットは何ですか?

メール配信システムにおいての特徴やメリットなどを説明してきましたが、次のように デメリットもあるので注意が必要です。

  • 受信環境によってHTMLメールを受信できない場合がある
  • 設定が複雑な場合がある

セキュリティ設定をはじめとした受信環境によって、HTMLメールを受信できない可能性があります。また、迷惑メールに振り分けられてしまい相手が受信に気が付かない場合もあります。

このほか、メルマガ配信サービスによっては設定が複雑な場合もあり注意が必要です。

まとめ

ターゲットのニーズにあった情報を含めたメールを定期的に送ることで、効率的なマーケティング効果があります。

メルマガ配信サービスを使うことで、一斉にメール送信ができたり送付後の分析ができたりするなど、サービスによってさまざまな特徴があります。自社にあったサービスを活用することで、効果的なマーケティングができるようになるでしょう。