ペルソナとは?マーケティングにおける効果的な活用方法を解説!

ペルソナとは?マーケティングにおける効果的な活用方法を解説!

マーケティング担当者や起業家の方で、自社商品やサービスのターゲットをどのように絞り込んだらよいかお悩みではないですか?

「ペルソナ」を効果的に活用することで、マーケティング戦略や顧客コミュニケーションの最適化が図れます。

この記事では、ペルソナとは何か、ペルソナをビジネス・マーケティングに活用する方法や、ペルソナの具体的な活用事例について解説します。

ビジネスの戦略に活用できるよう、ペルソナの理解を深めましょう。

ペルソナとは

ビジネスにおけるペルソナとは、マーケティング戦略の中でターゲットとなる顧客の具体的な人物像を意味します。

この人物像を設定することで、効果的なプロモーションや商品開発、新たなマーケティング戦略の組み立てに役立ちます。

「心理学的なペルソナ」との違い

ペルソナは本来、心理学用語として存在していました。心理学者であるカール・グスタフ・ユング氏が提唱した心理学用語に分類される概念で、人間の外的な側面・自分の内面に潜んでいる自分と定義されています。

心理学的意味である「仮面の自分」から考え方を発展させた結果、ビジネスにおける「架空のユーザー像」という意味へ変化した、ということです。

ペルソナにマーケティングを取り入れるメリット

ペルソナとマーケティングは密接に関係しています。

ペルソナ設定を行うことで、顧客のニーズや課題が理解できるため、適切なサービスや商品の提供につなげることができます。

顧客の理解が深まることで、商品開発やサービス提供が顧客ニーズに沿ったものになり、顧客満足度の向上にもつながります。

さらに、ペルソナを活用することで、ターゲットに合ったコンテンツやキャンペーンを作成することができ、リソースの最適化が可能になります。これにより、ムダに発生していたコスト削減も実現できるのです。

ペルソナ設定におけるマーケティングの活用方法

ペルソナ設定の際には、データ分析を活用して、ターゲット顧客の属性や消費行動を把握します。

具体的なペルソナ設定方法には、インタビューやアンケート調査を行って実際の顧客から情報を得る方法や、既存のデータや資料を基に分析を行う方法などが一般的です。

ペルソナ設定が完了したら、それらの情報をもとにマーケティング戦略を策定し、効果的なアプローチを行います。

ターゲットとペルソナの意味と違い

ターゲットとは、マーケティング活動を行う際の狙いの対象であり、一般的には年齢や性別、居住地などの属性情報で表現されます。

一方ペルソナは、ターゲットをさらに具体化し、個人の特徴やライフスタイル、価値観などを加味した人物像を作り上げます。これにより、より現実的で魅力的なマーケティングアプローチが可能になります。

ターゲット設定からペルソナ設定への転換方法

ターゲットからペルソナへの転換方法としては、まずターゲットの基本属性を明確にする必要があります。

その上で、顧客の心理や行動特性を市場から分析し、ターゲットの性格やライフスタイルなど、一人の人物像が浮かび上がるまで詳細に作り上げます。

転換のポイントは、マーケティング戦略を策定するうえで、顧客の潜在的なニーズや価値観を理解することです。基本属性ではわからない、個人の表情までイメージできるまでに必要な情報を設定していきます。

  1. ターゲットの基本属性(年齢、性別、職業、居住地など)を明確にする
  2. ターゲットの心理や行動特性を詳細に分析する
  3. 顧客の潜在的なニーズや価値観を把握する
  4. 上記情報をまとめて具体的なペルソナを作成する
  5. ペルソナに合ったマーケティング戦略を立案して実行する

ターゲット設定からペルソナ設定へ転換するには、上記ステップで進みます。

ペルソナマーケティングは古いと言われている?

一部では、ペルソナマーケティングが古い手法だと言われていますが、その根拠は必ずしも明確ではありません。

実際、ペルソナを活用することで顧客理解が深まり、効果的なマーケティング戦略が立てられることが多くの事例で証明されています。

ただし、ペルソナはあくまでひとつのツールであり、時代や市場環境の変化に応じて適切にアップデートする必要があります。

ペルソナをビジネスに活かす方法

ペルソナを活用したビジネス戦略の具体的な方法としては、以下のような例が挙げられます。

商品開発
ペルソナのニーズや価値観を理解し、それに応じた商品を開発することで、市場に適合しやすい商品を生み出す
コンテンツマーケティング
ペルソナの関心事や課題を把握し、ニーズに沿ったコンテンツを作成することで、ターゲット顧客への訴求力を高める
広告ターゲティング
ペルソナをもとに顧客の検索キーワードや閲覧履歴を分析し、適切な広告を表示させることで、コンバージョン率の向上を目指す
メールマーケティング
ペルソナを活用したメールマーケティングでは、顧客の関心事や課題に対応したコンテンツを提供することで、顧客の関心を引き、返信率の改善やコンバージョン率を向上させる

ペルソナを活用したサービスや会社の事例紹介

  • D2Cブランド・・・ペルソナをもとに、独自の商品開発やマーケティング戦略を展開し、効果的なターゲティングや顧客満足度の向上を実現する
  • サブスクリプシションサービス・・・ペルソナに基づいて、顧客のライフスタイルや趣味に合った商品やサービスを提供し、リピート率や継続率の向上を実現する
  • オンライン教育サービス・・・顧客の学習ニーズや目標を把握し、ペルソナを活用してカリキュラムや教材を作成することで、高い学習効果と顧客満足度を達成する

これらの事例からも分かるように、ペルソナを活用したビジネス戦略は、多岐にわたる業界で効果を発揮しています。

また、実際にペルソナを活用してビジネスを実施している会社の事例紹介については、以下のようなものがあります。

Soup Stock Tokyo
スープのある1日という物語形式の企画書を作成し、秋野つゆという架空の女性のペルソナを設定。ペルソナは、Soup Stock Tokyoのターゲット層である都会で働く女性を代表し、スープの魅力やメニューの選び方などを伝える役割を果たす。
ユニクロ
自社製品やサービスに対するニーズや関心度が高い人々を4つのセグメントに分け、それぞれにペルソナを設定。例えば、ユニクロのコアターゲットである「ライフウェアラー」は、自分らしく快適に暮らしたいという価値観を持ち、ユニクロの商品やサービスに高い満足度を感じる人々、など。
Webly
Web制作会社として、自社のサービスを提供する際に、顧客のニーズや課題を把握するためにペルソナを活用。自社のサービスを利用する可能性が高い人々を3つのセグメントに分け、それぞれにペルソナを設定。「Web制作初心者」は、Web制作に関する知識や経験が少なく、Weblyのサービスによって手軽にWebサイトを作成したいというニーズを持つ人々、など。

ペルソナを活用することで、ターゲット層の特徴やニーズをより具体的に理解し、効果的なマーケティング施策を打ち出すことができます。

まとめ

本記事では、ペルソナとマーケティングの関係性やメリット、効果、活用方法について解説しました。

また、ターゲットとペルソナの違いや転換方法、ペルソナマーケティングの現状、ビジネスへの活用方法や事例紹介も行いました。

ペルソナを適切に設定し、マーケティング戦略に活用することで、効果的な顧客獲得やビジネスの成長が期待できます。

今後のマーケティング活動にぜひ、ペルソナの活用を検討してみてください。