【2023年最新】SEO記事のリライトとは?効果や方法、効率よく検索順位をあげるためのコツを徹底解説

【2023年最新】SEO記事のリライトとは?効果や方法、効率よく検索順位をあげるためのコツを徹底解説

ブログやWeb記事は公開時点では評価が高くても、放置していれば評価が落ちます。トレンドを確認しながら、ユーザーのニーズに合わせてリライトするようにしましょう。

ただやみくもにリライトをしても効果が現れない可能性があります。この記事では、リライトをする方法やコツ、注意点などを説明します。

SEO記事のリライトとは

リライトとは、文章を書き直すことで目的を達成することです。SEO記事のリライトとは、検索エンジンに評価されるコンテンツに記事を書き替える目的があります。

記事を公開した時点で上位表示されていたコンテンツであっても、時間が経つにつれ評価が落ちる場合があります。そのため定期的に SEO 記事のリライトが必要です。

 Google のアルゴリズムには数百の要素があり、それぞれの要素に対して定期的に変更を加えていることからも継続的にトレンドを追いかけながらコンテンツを改良しましょう。 

SEO記事のリライトが効果的な時期とは?

継続的と言ってもどのようなタイミングでリライトが必要かどうか悩むケースが少なくありません。

SEO対策をする場合、少しでも効果的に施策を進めることが重要です。メディアを立ち上げたばかりの時は、リライトを意識するよりも新規記事を作成することに力を入れましょう。

メディアを立ち上げたばかりの時はドメインの評価が低いことからなかなか順位が上がることはありません。しかし、継続的にユーザーのニーズを満たすような新規記事を作成することによりだんだんと結果が出てきます。

一概には言えないのですが50〜100記事を書いたタイミングで、リライトの数時間を増やしていくと良いでしょう。50〜100記事といった記事の本数はあくまで目安であり、記事を書くためにかけられる時間やドメインパワーなどによっても異なります。

さらに多くの記事を書くことによって新規記事を作るよりもリライトをする方が重要になるタイミングがあります。ここまでにリライトをするタイミングの流れを説明しましたが、あくまで目安であるため参考にするとよいでしょう。

SEO記事にリライトが必要な2つの理由

SEO記事において、定期的にリライトをする必要があります。新規記事で書いたときは上位で表示されていても、順位は常に変化します。SEO記事のリライトが必要な理由は主に次の2つです。

  • 再評価によって検索順位を上げるため
  • 素早く順位をリカバリーするため

1.再評価によって検索順位を上げるため

検索順位において上位表示させるためには、Webページを閲覧しているユーザーにとって必要な情報を提供することが重要です。新規で作成したときに有益な情報を提供している記事であっても、時間がたつことで最新情報が漏れている場合があります。

記事に必要な情報が不足している部分を継続的に追加することにより、あらためて記事が評価されるようにしましょう。

2.素早く順位をリカバリーするため

検索順位において上位に表示されている記事であっても、一定の時間が経つと評価が落ちることがあります。検索トレンドや検索意図は常に変化するため、その都度対応することが必要です。検索順位が下がる理由として、検索ニーズに合わなくなっているケースが見られます。

このため、コンテンツは常に修正を加えることが重要です。5位以内に表示されていた記事を3ヵ月放置していることで、75位前後まで順位が落ちたケースもあります。

リライトすべき記事の選び方は2つ

SEO効果を高めるために記事をリライトすることは重要です。しかし、 リライトするといっても現在順位が落ちている記事を全て対応するのは手間がかかりすぎます。

そこで、優先順位を決めてリライトをすると良いです。リライトするためには次の記事を選ぶようにしましょう。

  • 検索順位が伸び悩んでいる
  • 検索順位に対してCTRが低い

1.検索順位が伸び悩んでいる

優先順位をつける目安として、現在6位から15位前後に表示されている、もう少し工夫すれば5位以内に表示される可能性がある記事を選びましょう。

6位から15位前後の記事は、Googleから評価はされていますが上位表示されるためにはもう一歩足りないと判断されていると考えるとよいでしょう。上位で表示されている記事を確認し、足りない情報やキーワードを加筆することが大切です。

2.検索順位に対してCTRが低い

CTR(Click Through Rate、広告が表示された記事でクリックされた回数)が低い記事は、表示順位が低くなる傾向にあります。CTRを上げることで検索順位をあげられる可能性があります。

例えば、キーワードが適切であるか、訴求ポイントやターゲットを見直すなど対処が必要です。さらに、コンテンツの内容に対して具体的なデータを載せることも効果的です。

SEO記事をリライトする際の手順は4ステップ

WebサイトのSEO対策をするために、記事を定期的にリライトすると効果的です。そこで、どのようにリライトすればいいのでしょうか。

ここでは、SEO記事をリライトする場合において必要なプロセスを紹介します。一般的にSEO記事をリライトするためには、次の手順で進めていきます。

  • リライト対象の記事を選定する
  • 記事の状態を分析する
  • リライト記事の作成する
  • 公開後の順位変動をチェックする

ステップ1.リライト対象の記事を選定する

リライトをする上でまずリライト対象の記事を選びます。記事を選ぶ基準としては一工夫することによって検索順位が上がる可能性がある記事を選ぶようにしましょう。

現在5位以内の記事はリライトしないことをおすすめします。リライトすることで、 順位が下がる可能性があります。現在伸び悩んでいる6位〜15位の記事からリライトすることで、Webサイト全体的な評価を高めやすい傾向です。

ステップ2.記事の状態を分析する

リライトする場合は、上位に表示される方法を分析することが重要です。上位記事と比べて何かが足りない可能性が高く、評価されやすい専門性やユーザーが読みたくなるタイトル、オリジナリティがあるかどうかを確認しましょう。記事の状態を分析するにおいて、次の点に注意して進めることが重要です。

  • 検索者の疑問を網羅しているか
  • オリジナリティのある内容があるか
  • 専門性の高い内容があるか
  • 検索者を惹きつけるタイトルであるか
  • SEOの基本的な事柄が抜けていないか

検索者の疑問を網羅しているか

記事の評価を高めるためには原作者の疑問を網羅することが大切です。検索者が持っている疑問を全て解決するような情報を提供する意識で、記事を作るようにしましょう。

検索者に十分な情報を提供できず他の記事に入ってしまうようでは、上位表示を狙うためには力不足の記事であると考えてください。検索上位に表示されている記事を確認してどのような点が足りていないかを分析するようにしましょう。

オリジナリティのある内容があるか

検索順位を上げるためには上位記事には記載されていないようなオリジナリティのある内容を含めることが重要です。

オリジナリティとは事例をはじめとしたコンテンツの他に、図解を作成してわかりやすい説明をする方法もあります。閲覧者にとってわかりやすいように、記事を工夫することがオリジナリティのある内容につながります。

専門性の高い内容があるか

専門性の高いコンテンツが含まれているWebサイトはGoogleに高い評価をされる傾向にあります。読者にとっても納得のいくような情報を仕入れることが可能です。

さらに専門性の高いコンテンツを止めることによって他のサイトと差別化をすることで、検索順位を上げやすくなります。

検索者を惹きつけるタイトルであるか

コンテンツが充実していてもタイトルが検索者を惹きつける内容でなければ、そもそも読んでもらえない可能性があります。

さらに、タイトルをクリックされる回数が増えれば増えるほど検索順位が上がることからも、タイトルの内容が重要です。検索者にとって「この記事を読んだら疑問や課題が解決する」と思われるようなタイトルをつければしましょう。

SEOの基本的な事柄が抜けていないか

SEO対策には様々な手法があります。中でも、見出しやタイトルにキーワードが入っていなかったり、重複したコンテンツがあるなど基本的なことが抜けている場合があります。

これらのことは簡単に修正できるため、再度確認するようにしましょう。基本的な事柄を見直すことで記事を修正、加筆しなくても検索順位が上がる可能性があります。

ステップ3.リライト記事の作成する

記事の分析が終わればリライト記事を作成していきます。リライト記事の基本は加筆をすることですが、競合記事に含まれていない情報やキーワードを含めることを意識しましょう。リライト記事を作成する上で重要なのは次の3つです。

  • 基本的には加筆によって修正する
  • 競合にない情報を盛り込む
  • サジェストキーワードや関連キーワードを含める

基本的には加筆によって修正する

SEO記事をリライトする上で、基本的には加筆によって修正します。元記事を削除することで、さらに順位を下げてしまう可能性があるためです。

情報が間違っている、古い情報を記載しているなどの理由がない限り記事の内容はそのまま残します。新しいデータや、これまで足りていなかった情報などを加筆することが重要です。

競合にない情報を盛り込む

競合記事を差別化する場合は、競合にない情報を加えることが効果的です。競合記事にはないような、読者にとって有益な情報を含めるようにしましょう。

ネットの記事だけではなかなか競合にない情報を加えることは容易ではなく、専門家へのインタビューや書籍、動画などさまざまな方法で情報を探すことが必要です。

サジェストキーワードや関連キーワードを含める

メインの検索ワードだけでなく、サジェストキーワードや関連キーワードを含めることでより読者のニーズを満たす記事になることがあります。サジェストキーワードは、Googleで検索をしたとき窓に表示されます。

また、検索結果画面の下部に再検索キーワードが、各リンクブロックの下には「他の人はこちらも検索」がありますが、ユーザーのニーズが含まれているため確認するようにしましょう。

ステップ4.公開後の順位変動をチェックする

リライトをしたあと記事を公開したら、順位を確認するようにしましょう。公開してすぐ検索順位が10位落ちるようであれば評価を落とした原因があるため、リライト元に戻すようにしてください。

大幅に変動がない場合、もしくは順位が上がった場合はすぐに変更の必要はありません。すぐに順位が変動しなくても、1ヵ月以上たってから順位が上がることもあるので焦らないようにしましょう。

効率よく検索順位をあげるために押さえたいリライトのコツ

リライトをしてもすぐに検索順位が上がらないことがほとんどです。そのため、検索順位を効率よく上げるためには、さまざまな工夫が必要になります。この章では、効率よく検索順位を上げるために次のコツを紹介します。

  • 重複コンテンツにならないよう注意する
  • 関連するページ同士を内部リンクでつなぐ
  • オリジナルの画像を記事に使用する
  • 監修者を明記する
  • 根拠となるデータを引用する
  • リライト後にインデックスリクエストを行う
  • 更新日や読了時間を記載する

重複コンテンツにならないよう注意する

1つのWebサイトに重複した内容のコンテンツが含まれていると、Googleの評価が分散することによって結果的に検索順位が下がる可能性があります。1つのキーワードに対してGoogleの評価が複数のページに分散されることは記事のカニバリゼーションとよばれています。

カニバリゼーションを防ぐためには、重複したコンテンツを1つの記事にまとめたり必要のない記事を削除したりするなどの対処が必要です。

関連するページ同士を内部リンクでつなぐ

関連した記事がある場合は、関連するページ同士を内部リンクでつなぐことによってそれぞれの記事において品質が高まります。そのため、相乗効果によって上位表示につながりやすい特徴があります。

内部リンクは、Googleクローラーに大きな影響があるため積極的に活用するようにしましょう。内部リンクを設定することで、Webサイト全体の権威性や網羅性が高まる可能性があるのです。

オリジナルの画像を記事に使用する

現在ではさまざまなWebサイトで無料素材の画像を提供しています。しかし、無料素材の画像を使うよりもオリジナルの画像を挿入した方がSEO効果があるといわれています。

読者にとってわかりやすいように、図解を作成したりグラフをいれたりなど画像の他にもさまざまな工夫をすることで、Googleの評価を高めることが可能です。

監修者を明記する

Googleの評価を高める基準の1つとして、信頼性や権威性の高いサイトが挙げられます。専門的な研究者や政府機関の担当者が監修していれば、Webサイトの信頼性や権威性を高めるために効果的です。

記事の最初や最後に、監修もしくは執筆した人の説明をすることで、監修者と記事のコンテンツが関連していることをGoogleや読者に伝えることができ、それぞれに対して評価が高まります。

根拠となるデータを引用する

コンテンツを後付けするために、根拠となるデータを引用するようにしましょう。コンテンツだけでは、コンテンツ作者の意見だと思われてしまう可能性があります。

しかし、明確なデータが引用されていれば、読者に対してもGoogleに対しても信頼してもらえるコンテンツになります。また、データは一次情報から引用するようにしましょう。

リライト後にインデックスリクエストを行う

リライト記事、新規記事に限らずコンテンツを更新した場合はGoogle Search Consoleを使ってインデックスリクエストをすることが重要です。

インデックスリクエストをしないと、クロールがWebサイトを発見できないため再評価されにくくなります。自然クロールであれば再評価されない場合や、時間がかかりすぎる場合があります。

更新日や読了時間を記載する

リライトした日や読了時間を記載するようにしましょう。更新した日がわからないと、読者にとっていつのデータなのかわからなくなります。

古いデータを載せていると、読者やGoogleの評価が落ちる可能性があるので注意が必要です。さらに、読了時間を記載しておくことで読者が全てのコンテンツを読み終える時間が前もってわかるため、読みやすくなる傾向にあります。

SEO記事のリライトでやってはいけない3つのこと

SEO記事をリライトする上でやってはいけないことがあります。リライトの内容によっては検索順位が下がるだけでなく、Googleからペナルティを受ける可能性があるので注意しましょう。

主に、SEO記事のリライトにおいてやってはいけないのは次の3つです。

  • 対策キーワードを詰め込む
  • コンテンツをコピーする
  • 短期間にリライトを繰り返す

1.対策キーワードを詰め込む

SEO対策を意識しすぎて、対策ワードを詰め込み過ぎて読みづらい文章になってしまうと本末転倒になります。キーワードを出来る限りいれると順位が上がるといった考え方がありますが、現在googleのアルゴリズムはユーザーファーストになっています。

つまり、読者にとって有益なコンテンツであることが重要であり、読みづらい文章になってしまうと逆効果になるため注意が必要です。

2.コンテンツをコピーする

SEO記事やリライトに限らず、記事を書く上でコンテンツのコピーは絶対にNGです。Googleからのペナルティどころか、著作権侵害で訴訟の対象になる可能性があります。

そのままコピーしなくても、文章の語尾だけを変えたり入れ替えたりすることもコピーと判断される可能性があるため、十分に注意が必要です。他の記事に記載されている情報を使いたい場合は、はっきりと引用していることを明記しましょう。

3.短期間にリライトを繰り返す

検索順位を上げようと短期間でリライトを繰り返してもすぐに効果は出にくいと考えましょう。一般的にリライトしてから効果がでるまで、1〜2ヵ月かかるといわれています。

そのため、短期間でリライトをしても効果検証ができなくなります。効果検証をその都度することで効果的なリライトができるため、短期間にリライトを繰り返すことは避けましょう。

SEO記事のリライトでよくある3つの質問

SEO記事のリライトをするうえで色々な疑問がわいてくるのではないでしょうか。この章では、SEO記事のリライトを進める上でよくある次の質問をまとめました。ぜひ参考にしてください。

  • 既存記事の順位が上がらない主な理由は何ですか?
  • 「E-E-A-T」とは何ですか?
  • リライトを外部に依頼する際の注意点はありますか?

質問1.既存記事の順位が上がらない主な理由は何ですか?

既存記事の順位が上がらない理由として、Webページのコンテンツがユーザーにとって求められている内容でない場合があります。記事ごとの順位が上がらないだけではなく、Webサイト全体の評価がなかなか上がりません。

コンテンツ以外にも内部対策や被リンク設定など、様々なSEO対策をすることが重要です。他にもオリジナルの情報が少なかったり、必要な情報が足りていなかったりすると評価が下がる要因となります。

質問2.「E-E-A-T」とは何ですか?

E-E-A-Tとは、Googleの評価を上げるために必要でありSEO効果につながります。具体的に、E-E-A-Tとは次の4つの要素から成り立っています。

  • 経験(experience)
  • 専門性(Expertise)
  • 権威性(Authoritativeness)
  • 信頼性(Trustworthiness)

コンテンツ作成者が記事の分野においてどのような経験を持っているか、また専門性があるかどうかが評価の基準となります。さらに、コンテンツの発信者を明確にすることや、コンテンツの情報に信頼があるかどうかを明確にするようにしましょう。

質問3.リライトを外部に依頼する際の注意点はありますか?

ライトを外注する場合は、リライトする前の記事をライターに理解してもらうことが重要です。元の記事にどのようなことが足りないのか、可決をする理由などを共有することによって記事を意図を理解してもらうことが重要です。

記事の目的を理解していないと、例えば1ページだけ評価が上がったとしても記事全体の評価がかえって落ちる可能性があります。

まとめ

継続的にSEO効果のあるWebサイトやブログにするためには、ユーザーにとってニーズのあるコンテンツを提供し続けることが重要です。そのため、継続的にコンテンツを見直しリライトするようにしましょう。

リライトにはキーワードを含めたりリライト後にインデックスリクエストをしたりするなど、効果的に行うことが重要です。なお、次のページではリライトでも活用できるおすすめのSEOツール30選を徹底比較しています。また、種類や選ぶ際のポイントについて解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

参考:【2023年最新】おすすめのSEOツール30選を徹底比較|種類や選ぶ際のポイントについて解説します