コンテンツSEOとは?手順や効果を高めるポイントを初心者向けに解説

コンテンツSEOとは?手順や効果を高めるポイントを初心者向けに解説

コンテンツSEOは、少ない費用でWebからの集客ができるマーケティング施策の一つです。

しかし、効果があるのかわからない、どんなSEO対策をすればいいかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事ではコンテンツSEOのやり方やメリット、コンテンツSEOの成功事例もご紹介します。

SEOについての情報を網羅的に記載していくので、企業担当者の方必見です。

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、SEO対策の一つです。

SEOとは、Google検索上位に自社のサイトを表示させることで、ユーザーの流入を増やす施策です。

サイトを検索上位に表示させるためには、ユーザーの求める情報を理解して、ニーズにこたえるコンテンツを作成するようにしましょう。

コンテンツSEOを実施する目的

コンテンツSEOは、自社サイトへの顧客流入を高め、商品の購入者数を増加させることで、売り上げ向上を実現できる施策です。

具体的には、検索上位に自社のページを表示させることで、検索したユーザーが自社サイトを訪れる機会を増やします。より多くのユーザーに自社サイトへきてもらうためには、検索上位に表示させることが重要なため、Google検索エンジンから高い評価を受けることができるコンテンツ作成をしましょう。

また、検索エンジンから高い評価を受けるためには、ユーザーの検索ニーズに合ったコンテンツの作成が不可欠です。サイトへの流入が増えればコンバージョン(商品購入や問い合わせなどの顧客のアクション)増加にも繋がるため、多くの企業で活用されているマーケティング施策です。

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違い

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングでは「実施する目的」が違います。

コンテンツSEOは、WebサイトでのSEO対策をおこなうことで、検索順位の上昇やコンバージョン数アップを実現する施策です。

一方、コンテンツマーケティングは、自社のコンテンツを通して見込み顧客にアプローチする手法なので、より広義的な意味合いがあります。例えば、SEOを考えないブランディング用のコンテンツ、YouTubeでの動画投稿、SNSでの投稿も含まれます。

コンテンツSEOとテクニカルSEOの違い

コンテンツSEOは、コンテンツの質やわかりやすい図解など、記事のクオリティを向上させることでSEO対策をする施策です。

一方でテクニカルSEOは、サイト構造の最適化やページスピードの向上、使いやすいUXへのアップデートなど、技術的側面からSEO対策をします。

SEOで高い効果を得るためには、コンテンツSEOとテクニカルSEOの両者へアプローチすることが重要なため、どちらも実践していきましょう。

コンテンツSEOへの対策が注目されている理由

コンテンツSEOは古くから注目されているマーケティング手法です。注目されている理由について紹介します。

検索エンジンの進歩で良質なコンテンツが評価されるようになったため

Googleの検索エンジンのアルゴリズムは、日々アップデートされ、高度になっています。ここでいうアルゴリズムとは「上位表示するWebページを決めるための指標」を指します。

そのため、以前までの小手先のテクニックが通用しなくなり、ユーザーのニーズを満たすコンテンツが高い評価を得られるようになりました。

SEOへの理解を深めるため、検索エンジンのアルゴリズムがどのように進化していったのか、SEOの歴史をご紹介します。

ブラックハットSEOの時代

ブラックハットSEOの代表例

手法例内容
コピーコンテンツ他のサイトのテキストをそのままコピーする行為
隠しテキストテキストの色やサイズを調整して検索エンジンにのみコンテンツを認識させる行為
隠しリンクハイフンや句読点などの目立たない一文字のみをリンクにする行為
ワードサラダキーワード羅列しただけの意味をなさないコンテンツを作成する行為
外部リンクの購入外部からの被リンクを購入する行為

2012年ごろまでは、ブラックハットSEOが流行していました。

ブラックSEOとは、Google検索エンジンの仕組みの穴を突き、検索順位を不正に上げる手法のことです。

しかし、パンダアップデートとペンギンアップデートなど検索エンジンのアルゴリズムを強化する改良がおこなわれ、現在では意味のない手法となっています。

年月アップデート名称内容
2011年2月パンダアップデートサイトの良し悪しを区別するアップデート。実施後は、コンテンツの質が悪いサイトの検索順位が下がり、質の良いサイトの順位が向上した。
2012年4月ペンギンアップデートブラックハットSEOへの対策として実施されたアップデート。ガイドラインに違反したサイトは順位低下やページ削除の対象となった。

ブラックハットSEOを用いたコンテンツは、Googleのガイドラインを遵守しておらず、検索順位の低下やページ削除などのペナルティの対象となるためやめましょう。

良質なコンテンツが大事になった

現代では、ブラックハットSEOが通用しないため、良質なコンテンツを重視するホワイトハットSEOを実践しましょう

ホワイトハットSEOでは、ユーザーの役に立つ情報やオリジナリティのあるコンテンツを作成することで、堅実にサイトの価値を高められます。

具体的には、ユーザーから信頼できる企業と認知されれば、CVRが上がるため、CV増加を実現できます。

また、ホワイトハックSEOを実施するとSEOの評価が高まり、UUが増えることで、CVコンバージョン増加にも貢献します。そのため、ユーザーニーズにこたえられる質の高いコンテンツを作成していきましょう。

SNSでの拡散効果とシナジーがあるため

コンテンツSEOは、X(旧Twitter)やLINEなど幅広いSNSで簡単に共有できるため、拡散力が強いという特徴があります。

そのため、近年のSNS流行によって、SEOへの注目度はますます増加しています。

特に自社でSNSを運用している場合は、コンテンツを投稿することでGoogle検索とSNSの両面から集客を狙うことができます。

具体的には、良質なコンテンツを作成することで、SNSで拡散され企業や商品の認知が高まります。また、質の高いコンテンツはさまざまな記事で引用されるため、被リンクの獲得にも貢献します。

コンテンツSEOのメリット

コストパフォーマンスに優れているため

一般的なマーケティング手法では、集客効果を得られるのは費用をかけた分だけです。例えば、リスティング広告は、ユーザーがクリックするたびに費用が発生します。それはSNS広告などのデジタルマーケティングでも同様です。

コンテンツSEOであれば、一度コンテンツを作成してしまえば、Web上に半永久的に残り続け、見込み顧客を集客し続けられます。

また、会社の営業資料やホワイトペーパーにも生かせる企業の資産となるため、長期的に見るとコストパフォーマンスに優れたマーケティング手法といえます。

購買意欲の高いユーザーが集まる

ユーザーが商品を購入するまでの過程は下記の5つで、頭文字をとってAISASと呼ばれています。

  1. Attention(注意)
  2.  Interest(関心)
  3.  Search(検索)
  4.  Action(購買)
  5.  Share(情報共有)

多くのユーザーは、商品を購入する前に検索をして、情報を集めることで購買の判断をします。

コンテンツSEOであれば、自社サイトをGoogle検索上位に表示できるため、購買意欲の高い見込み顧客の効率的な集客が可能です。

自社のブランド力・権威性向上に貢献する

コンテンツSEOは、専門的な情報や魅力的なコンテンツを掲載することで、ユーザーからの評価が高まり、企業ブランド力向上に貢献します。

検索順位が高い=良い会社として認知されやすく、企業にとって重要な信用や権威性の獲得も可能です。

また、自社のサイトを通してブランドや強みをアピールしやすいため、商談の成約率にも貢献します。

サイトが自社の資産になる

順位が高い記事が多くなると優良サイトとして評価され、追加のコンテンツSEOも高く評価されやすいです。

また「自社のWebサイトで安定して集客できるチャネルが増えること」も大きな魅力です。例えば事業転換や新サービスを始めるときに、サイトの発信力を活用でき、スムーズにスケールアップできます。

コンテンツSEOのデメリット

効果が出るまでに時間がかかる

コンテンツSEOは、検索順位の獲得やコンバージョンの獲得を達成するまでに時間がかかります。

Googleの検索エンジンは、専門性や情報の網羅性など、さまざまな要素を基にサイトを評価して検索順位を決定しています。

そのため、SEOの効果を高めるためには、サイト上で質の高い記事を複数公開するなど、長期的に運用していくことが重要です。最低でも6カ月は効果を見込めないものとして運用しましょう。

コンテンツ作成に時間や費用がかかる

コンテンツを作成するには、人件費がかかります。

例えば、新規のコンテンツでSEO対策をしていく場合、キーワードの調査や競合サイト分析、記事の執筆などさまざまな作業が必要です。ポジションでいうと、マーケター、ディレクター、ライター、レビュアー、デザイナーといった職種が必要になります。

自社でSEOのノウハウがないと、成果が出るまでにより多くの時間がかかるため、専門業者への依頼も検討しましょう。

PENGINならSEOからCVR向上までをワンストップで解決!

定期的な更新や修正が必要

コンテンツSEOは、公開後も定期的な記事更新や修正が必要です。

特に、競合他社が強いビッグワードで高い検索順位を狙う場合は、すぐに上位表示されるケースは少ないです。

不十分なコンテンツやキーワードがないか確認して、継続的に改善(リライト)していくようにしましょう。

一度検索上位を獲得した記事でも、定期的なメンテナンスを怠ると順位が下がり、サイトへの流入が減少してしまいます。

コンテンツSEOの費用・効果の予測方法

コンテンツSEOの費用

コンテンツSEOの費用は、大きく分けて人件費とサーバー管理費の2つです。

人件費に関しては、PMやディレクター、ライター、デザイナー、レビュアーなどそれぞれの役割ごとに算出しましょう。外注する場合は記事1本当たり3~5万円ほどが相場となります。

また、サーバー管理費はサイトを維持していくために必要な経費で、契約するサーバーや利用者数によって1,000円程度〜数十万円までさまざまです。

コンテンツSEO経由の売り上げ予測

検索順位クリック率の目安
1位34.2%
2位17.1%
3位11.4%
4位8.1%
5位7.4%
6位5.1%
7位4.1%
8位3.3%
9位2.9%
10位2.6%

※広告や強調スニペットのない場合

参考:FirstPageSage「Google Click-Through Rates (CTRs) by Ranking Position in 2024」(20230823)

コンテンツSEO経由の売り上げ予想は、下記の計算式で求められます。

  • UU数×問い合わせCVR×(購入/問い合わせ数)×商材単価=売り上げ

UU数は「検索ボリューム×順位(1位ならおよそ30%程度)」で算出できます。例えば月間3000回検索されているキーワードで1位を獲得した場合「3000×34.2%=1026UU」となります。

サイトの順位が低くなるにつれてUU数も下がるため、目安のクリック率を参考にしてみてください。

コンテンツSEOの利益

コンテンツSEOの利益は、以下の式で求められます。

  • コンテンツSEO経由の売り上げ-(コンテンツSEOの人件費+サーバー管理費)=利益

コンテンツSEOは適切に運用していくことで徐々に効果が高まり、中長期で大きな売り上げを実現していく施策です。

そのため、長期的な目線で考え、2年程度は赤字になると想定して予測を立てるようにしましょう。

コンテンツSEOを始める手順

コンテンツSEOをする目的を明確にする

コンテンツSEOを始めるには、まずは達成したい目的を明確にしておきましょう。

「サービスや商品の認知を高める」「自社のブランディングのため」「リードを獲得する」など、目的に応じてコンテンツの方向性を考えます。そこからコンセプトや情報発信のジャンルに落とし込んでいきましょう。

目的を定めておくことで、KPIの設定や効果測定もしやすくなり、企業としての指針も明確になります。

予算・オペレーションを考える

コンセプトがはっきりしたら、実際に制作を始められるよう、コンテンツSEOをするための予算・オペレーションを策定しましょう。

予算計画の策定

コンテンツSEOは、記事の作成に時間と費用がかかるため、余裕をもって予算計画を策定しましょう。

また、記事を外注する場合は、依頼する業者によって価格設定が異なるため、事前に確認しておくことが重要です。

コンテンツSEOは短期間で高い成果を出すことが難しいため、中長期的に予算計画をしておくのがおすすめです。

業務オペレーションの策定

コンテンツSEOは、ライターや編集者、エンジニアなど多くの人材が連携することで高いクオリティの制作ができます。

そのため、誰がどの分野を担当するのか、あらかじめ業務オペレーションを想定しておくことが重要です。代表的なSEOのオペレーションは以下です。

  1. 対策キーワードの選定
  2. 記事構成の作成
  3. ライティング
  4. 図解作成
  5. 記事のレビュー
  6. 公開
  7. 数値の計測とレポーティング

一人当たりの業務が明確になることで、SEO戦略の見通しも立てやすくなるため、自社の人材とリソースを確認しておきましょう。

自社の商品やサービスを分析する

コンテンツSEOは、Webでの集客を実現するため、ユーザーのニーズを満たす質の高いコンテンツ作成が不可欠です。

そのため、自社商品の強みや弱み、顧客の課題を解決できる点を分析する必要があります。

ユーザーニーズの洗い出しや競合他社の分析をおこない、自社が市場で発揮できる価値を明確にしておきましょう。

ユーザーニーズの把握

コンテンツSEOでは、Web検索からの流入を獲得する施策です。検索するニーズを把握しておく必要があります。あらかじめユーザーの検索意図や必要としている情報を正確に把握しておきましょう。

そのため、ユーザーニーズを分析するときは、事前に「自社のサービスや商品がどのような人物をターゲットにしているのか」を調査・定義しておくことが重要です。

性別や年齢層、業種や居住地などなるべく細かくユーザーのペルソナを洗い出すことで、どのようなニーズがあるのか判断しやすくなります。

そのうえで「ターゲットが検索するキーワード」を洗い出して優先度をつける作業が必要です。

競合他社のメディアの調査

コンテンツSEOを作成するときは、同じ領域の競合他社メディアを調査しておきましょう。既にGoogleに評価されているメディアを参考にすることでベンチマークできます。

特に、検索順位の上位10サイトは、SEO対策がしっかりとされているため、見本にしやすいです。

「どんなコンテンツがあるのか」「魅力的に感じる部分はどこか」など、競合サイトを参考に書き出してみましょう。

ただし競合とまったく同じ方針で記事を制作しても、ただの二番煎じとなってしまいます。差別化するために「どこで独自性を出せるか」を意識しましょう。例えば「インタビュー・事例のコンテンツでオリジナリティを出す」、「自社スタッフの経験談を盛り込む」などの工夫が必要になります。

キーワードを洗い出す

コンバージョンに近いキーワードや、自社の魅力が伝わりやすい領域は、積極的に検索上位を狙いたい項目です。

まずは、月間の検索ボリュームが1万を超えるビッグワードから洗い出していきましょう。

ただし、キーワードのボリュームが大きいほど競合が多く、検索上位を狙うことが難しいため、スモールキーワードや、大小複数のキーワードを合わせて狙っていくのもおすすめです。

競合調査ならPENGINにお任せ!

CVRの当たりを付けておく

CVRとは、サイトを訪問したユーザーのうち、どの程度の割合がコンバージョンに至ったのかを測る指標です。

具体的な計算式は、コンバージョン数とサイトの訪問数がわかれば簡単に求めることができます。

  • CV数÷訪問数(セッション数・UU数など)×100=CVR

あらかじめCVRに当たりを付けておくことで、狙いたいキーワードが売り上げにつながるのか判断することが可能です。

記事の骨子を作成する

コンテンツSEOを作成するときは、大枠となる見出しを抽出して、記事の骨子を作成しておきましょう。

骨子を作成しておくことで、記事の全体像が把握しやすくなり、内容の重複やコンテンツの抜け漏れ・論理構成のミスを防げます。

また、作業手順が明確になるため、コンテンツ作成のスピードも向上し、スムーズに集客効果を発揮できます。

ユーザーニーズの把握、競合の差別化を意識する

記事の見出しを作成するには、狙いたいキーワードで検索上位を獲得している記事を参考に、ユーザー目線で必要な情報を集めます。る必要があります。

検索上位の記事は、Google検索エンジンから高い評価を得ているため、ユーザーのニーズを捉え、必要な情報を記載した質の高いコンテンツだといえます。

また、キーワードに関連したサジェストにも注目しましょう。サジェストは検索エンジンによってキーワードとの関連度やユーザーの検索頻度をもとに表示されるため、ユーザーのニーズを満たすコンテンツ作成に役立てることができます。

ただし、参考にする際は、コピーコンテンツとならないように競合サイトと差別化していくことが重要です。差別化できる要素や専門的に解説できるポイントをまとめ、記事の内容に独自性を持たせましょう。

記事を作成する

記事の作成は以下の3つの工程で進めていきます。

  • ライティング業務
  • 図解やアイキャッチ作成業務
  • レビュー・公開業務

ライティング業務

ライティング業務は、記事に掲載する文章を執筆する業務です。

誤字や脱字に気をつけるのはもちろんですが、読み手にとってわかりやすい文章で執筆できているか確認するのが重要です。

特に、難しい用語や専門的な解説ばかりの文章だと、ユーザーが読み進められず、サイト離脱やコンバージョンを逃してしまう要因となります。

図解やアイキャッチ作成業務

コンテンツSEOでは、わかりやすい図やアイキャッチを作成することが重要です。

文章ではどうしても難解になってしまうことでも、図解にしてあげることでユーザーが理解しやすく独自的なコンテンツとして評価されやすくなります。

レビュー・公開業務

コンテンツの作成が完了したあとは、複数人でのレビューをおこなうことが重要です。

執筆者だけでは気づけなかったミスや、より良いコンテンツ案を見出すことができるかもしれません。

また、レビュー後はしっかりと公開をおこない、ユーザーが見られる状態にしておきましょう。

効果測定をする

コンテンツSEOを公開したら、効果測定をおこない順位の変動やコンバージョンの有無など、記事の情報を確認しましょう。

効果測定では、Google Search ConsoleやGoogle Analyticsなど、サイトの分析ができるツールを活用します。

サイトの離脱率や閲覧時間など、詳細な情報もわかるため、記事品質のチェックやSEO戦略の策定に役立てることも可能です。

リライトをする

コンテンツSEOは、長期的に運用していくため、時間経過によってユーザーのニーズが変わってしまう可能性があります。

公開後何も手を加えないと、記事の情報が古くなります。また信頼性に欠けるなどの理由で、検索順位が低下していきます。サジェストや再検索ワードをチェックして、適宜記事のリライトを行いましょう。

コンテンツSEOの効果を高めるポイント

独自性のあるコンテンツを作成する

コンテンツSEOでの効果を高めるためには、他社にはない独自コンテンツを作成することを心がけましょう。

例えば、表やグラフを用いたわかりやすい説明や、専門的な視点での解説は、他社にはない強みとしてユーザーや検索エンジンから高い評価を得やすいです。

また、良質な独自コンテンツは、他社から引用されるケースもあり、SEOで重要な被リンクを増やすことができます。

SEOツールを活用する

コンテンツSEOで活用できるツール例

  • Google Search Console(グーグル・サーチ・コンソール)
  • Google Analytics(グーグル・アナリティクス)
  • Keywordmap(キーワードマップ)
  • Ahrefs(エイチレフス)
  • MIERUCA(ミエルカ)

コンテンツSEOは、競合他社やキーワードの分析、自社サイトの運用状況など、さまざまな情報収集に役立つツールがあります。

中でも、Googleが運営する「Google Search Console(グーグル・サーチ・コンソール)」

「Google Analytics(グーグル・アナリティクス)」は、無料で自社サイトの詳細な分析が可能です。最低限として導入しておきましょう。

e-e-a-tの観点を取り入れてコンテンツを作成する

e-e-a-tとは、経験(Experience)、専門性(Expertise)、権威性(Authoritativeness)、信頼性(Trustworthiness)の頭文字を略した用語です。

e-e-a-tは、Googleが定めるサイトの評価基準になっているため、検索順位を高める際の指標となります。

e-e-a-tを高めるコンテンツを作成する際は、下記の方法を参考にしてみてください。

  • 経験(Experience):自社で集めた口コミをもとに記事を作成する
  • 専門性(Expertise):キーワードに関連する情報を複数サイトで公開する
  • 権威性(Authoritativeness):監修者をつけて記事を作成
  • 信頼性(Trustworthiness):論文や政府の情報などの一次情報を引用する

ユーザー検索の網羅性を高める

SEO対策では、Webサイト全体の網羅性と、コンテンツ単位の網羅性が重要視されています。

例えば、「SEO」と検索した場合、SEOに関する専門的な記事を多く公開しているサイトは、検索順位が上がりやすいということです。

また、コンテンツ単位で、ユーザーが必要としている情報が網羅されているかにも注目しましょう。GoogleのSEOガイドでは、料理を例に、食材のリストや料理の説明だけでなく、調理手順まで記載するのが良いとされています。

参考:Google「検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

ユーザーが興味を持ちやすいタイトルを設定する

タイトルは、記事の特徴や読むことで得られるメリットを簡潔に示すことで、ユーザーの興味を引く役割があります。

検索結果で最初に表示されるため、ユーザーの関心を集めやすいワードや検索意図に合うテキストを設定するようにしましょう。

ただし、記事の内容がタイトルと乖離していると、ユーザーからの信頼を失ってしまう要因となるため、タイトルや見出しと関連する内容を記載することが重要です。

コンテンツSEOの成功事例3選

クックパッド株式会社

クックパッドは、夏休みの自由研究や赤ちゃんの離乳食など、料理周辺の課題を解決するコンテンツを発信することで集客を成功させました。

バレンタインや自由研究などの季節性のトレンドは、レシピを検索する料理との相性がよく、サイトへの流入も多くなるようです。

また、「コンテンツを探す人と、提供者のギャップを埋めること」を大切にしており、情報を探したいユーザーのニーズを捉えた施策といえます。

参考:クックパッド「新コンテンツを作る際のSEO施策の効果評価とクックパッドのSEO

株式会社ベネフィット・ワン

ベネフィット・ワンは、広告費増大を理由に、自社メディアである「ボーグル」でコンテンツSEOを活用しています。

ボーグルでは、企業の福利厚生や人事に関わるサービスを解説していくことで、検索したユーザーの集客を達成しました。

「福利厚生を充実させたい」「働き方改革を推進したい」という企業の需要を捉え、運用後3ヶ月目には一日一件以上のコンバージョンを獲得できるようになったそうです。

freee株式会社

クラウド会計や人事労務サービスを提供しているfreee株式会社では、自社メディアである「経営ハッカー」を運営しています。

立ち上げ間もない企業にありがちな、確定申告や経理の悩みを解決するコンテンツを配信しており、クラウド会計を始めとした主力サービスのコンバージョンを獲得しています。

専門的な知識や知見も多く、サプライヤーとしての強みを発揮したコンテンツSEOの成功事例と言えるでしょう。

コンテンツSEOでよくある質問

コンテンツSEOで成果を上げるにはどうすればいい?

コンテンツSEOで高い効果を得るためには、ユーザーの役に立つ情報の発信やSEOへの深い理解が必要です。

また、e-e-a-tの観点から独自性のあるコンテンツ作成を心がけましょう。

コンテンツSEOの代表的な施策例は?

コンテンツSEOは長期的に良質なコンテンツを蓄積していくことが重要なため、短期間で爆発的に効果が出る施策はありません。

ただし、コツコツ続けていくことで効果が出る施策もあるため、「検索順位が上がらない」「コンバージョンがこない」という方は下記の施策を実践してみてください。

  • 適期的に記事の修正(リライト)をおこなう
  • オリジナルの良質な図、画像を作成する
  • 被リンクを増やす
  • 関連するキーワードでも記事を作成する
  • ドメインランクを上げる

コンテンツSEOを生成AIで推進することは可能ですか?

生成AIで作成したコンテンツは、質の高い内容であればSEO対策として活用することができます。

Googleは、「AI 生成コンテンツに関する Google 検索のガイダンス」にて制作方法を問わず高品質のコンテンツを評価することを明記しています。

ただし、AI生成のコンテンツをそのまま利用してしまうと、誤った情報や著作権侵害にあたる可能性もあるため、公開前に人の手で修正や見直しを行いましょう。

まとめ:コンテンツSEOで資産を増やしつつ効率的にリード獲得を

コンテンツSEOは、低コストで長期的にリードを獲得できる魅力的なマーケティング手法です。

ただし、SEOでの効果を高めるには、ユーザーのニーズを理解して良質なコンテンツを作成していくことが重要です。

SEO対策やWebからの集客を実現したい方は、PENGINにお任せください。