ホワイトペーパーの表紙に必要な要素とは?よくあるデザインや作成の流れ、興味を惹くためのコツを紹介

ホワイトペーパーの表紙に必要な要素とは?よくあるデザインや作成の流れ、興味を惹くためのコツを紹介

この記事の監修者

粟飯原匠 |プロデューサー

マーケティングを得意とするホームページ制作会社PENGINの代表。教育系スタートアップで新規事業開発を経験し、独立後は上場企業やレガシー産業のホームページ制作・SEO対策・CVR改善の支援を行うPENGINを創業。「ワクワクする。ワクワクさせる。」を理念に掲げてコツコツと頑張っています。

ホワイトボードで最初に目が入る表紙のデザインは、初めて作成する人にとってどれが最適なデザインかわからず、最も難しいと感じるのではないでしょうか。ホワイトペーパーを作成する際に、デザインの流れやコツを抑える必要があります。

この記事では、初めてホワイトペーパーを作成する人が押さえたいポイントやデザインに必要な要素、よくある質問について紹介していきます。ホワイトペーパーの表紙のデザインについて押さえたい人は、最後まで記事の内容をチェックしてみてください。

ホワイトペーパーにおける表紙の構成要素   

ホワイトペーパーの表紙を作成する際に必要な構成要素は下記の3つです。

  • タイトル
  • ロゴ
  • コピーライト

その他にも「イメージ」「目次」「ページ番号」といった構成要素も挙げられますが、最低限必要な構成要素が重要です。表紙の構成要素を考える上で、目的が何かを一番伝えられるものを作る必要があります。

その上で、タイトルは最初にユーザーが目を向ける場所になるため、視覚性を与えるタイトルは重要な役割を担っています。ユーザーにどのような内容が書いてあるのかをイメージさせたり、ホワイトページがユーザーを惹きつけたりするようなタイトルを仕上げてみましょう。

ホワイトペーパーの表紙でよくある3つのデザイン

ホワイトペーパーの表紙でよくある3つのデザインは以下の3つです。

  1. 中心に文字を配置
  2. 左右に文字を配置
  3. 上部に文字を配置

スマホの普及から縦長のデザインが増えていますが、A4や16:9の横型のデザインが一般的です。

文字の配置場所により、表紙全体のイメージやタイトルによる表現が異なります。それぞれのデザインが与えるイメージやポイントを紹介します。

1.中心に文字を配置

タイトルを全体の中心に配置した場合はタイトルが目立ちやすく、ユーザーの視線が文字へいきやすくなります。そのため、キャッチーなタイトルがユーザーの興味をより惹くためのポイントです。

また、背景の画像の使い方でタイトルの印象を大きく変えることができます。ホワイトペーパーの表紙は広告やサムネイルに用いられることも多く、タイトルを中心に配置することで表紙の限られた紙面で内容を伝えることが可能です。

2.左右に文字を配置

タイトルを表紙の左右どちらかに寄せて配置することで、タイトルでホワイトページの内容を伝えると同時に会社のロゴやイメージ画像を強調できます。

文字による認識だけでなく画像やイメージロゴによる視覚的な表現を作ることが可能です。そのため、イメージロゴと背景の使い方で様々な表現やイメージをユーザーに持たせられます。

3.上部に文字を配置

横型のホワイトペーパーを利用する場合は高さが低くなるため、上部に文字を配置することで少しタイトルが控えめです。それにより、下部にイメージロゴや画像を配置することでタイトル以外の部分が強調されやすくなります。

会社のロゴや商品を大きく見せたいというホワイトページを作成する場合にはおすすめの文字配置です。

ホワイトペーパーの表紙をデザインする際の流れ

ホワイトペーパーの表紙をデザインする際は、大きく次の4つの流れで作成します。

  1. 要素を配置する
  2. 文字を再配置する
  3. 背景を入れる
  4. イラストや画像を入れる

要素は「タイトル」「コピーライト」「ロゴ」の3つを主に指し、これらを配置することで全体のイメージを作ります。次にタイトルの文字のフォントやサイズ、改行など、全体のバランスやイメージに合わせていることがポイントです。

そして、背景と文字の色のバランスを整え、空いている場所にイラストや画像を入れることでテーマを伝えやすくします。他にも、背景にグラデーションを組み込んだり、文字を立体的に見せたりと表現力を加えて、テーマに見合ったデザインに仕上げましょう。

ホワイトペーパーの表紙でユーザーの興味を惹くための3つのコツ   

ホワイトペーパーの表紙でユーザーの興味を惹くための3つのコツは以下の通りです。

  • キャッチーかつ魅力的なデザインにする
  • ホワイトペーパーの目的を意識する
  • タイトルに見合ったデザインにする

ホワイトペーパーを読んでもらうために、最初の第一印象を決める表紙でユーザーの興味を惹く必要があります。ここからはホワイトペーパーをよりよくするために、3つのコツについて詳しくみていきます。

1.キャッチーかつ魅力的なデザインにする

ホワイトペーパーの表紙はユーザーが最初に見る部分なので、思わず読みたいと思わせるようなキャッチーなデザインが必要です。ホワイトペーパーはダウンロードするまで内容がわからないため、ユーザーに興味を惹かせることでダウンロード率に大きく関与します。

表紙の中でも特にタイトルの部分がとても重要で、一目でテーマを理解し、思わず内容まで読みたくなるような魅力的なタイトルをつけると、ユーザーの興味を惹くことが可能です。また、タイトルの中に数値を書くことで、ユーザーの理解を得やすくなります。

2.ホワイトペーパーの目的を意識する

多くの人にホワイトペーパーを読んでもらうためにも、どのような目的でホワイトペーパーを作成するのかを意識することが重要です。表紙のデザインは格好いいデザインやおしゃれなデザインに仕上げるだけではホワイトペーパーの内容や目的をユーザーに伝えることができません。

表紙を作成する前に、「誰に向けて」「どのような目的で」「ユーザーに伝えたいことは何か」などホワイトペーパーの目的を第一に考えてデザインしてみましょう。

3.タイトルに合ったデザインにする

ホワイトペーパーを作る際に、タイトルに合ったデザインをすることでユーザーによるダウンロード率の向上につながります。

タイトルがキャッチーであっても、表紙がパワーポイントやよくあるデザインのテンプレートを使うだけでは、表紙のクオリティが低いと判断されて中身まで読みたいと思わせることが難しくなります。タイトルに合ったデザインで、思わず読みたくなる魅力的なデザインに仕上げてみましょう。

ホワイトペーパーの表紙デザインで使える3つのツール   

ホワイトペーパーの表紙デザインで使える3つのツールは以下のものがあります。

  • Figma
  • Canva
  • Microsoft PowerPoint

ツールごとによってデザイン性や使いやすさが異なります。ホワイトペーパーの内容次第では、自分に合ったツールを選ぶことがおすすめです。

今回は、ツールの中でも無料で使えて人気の高いものを紹介します。

1.Figma

Figma

引用:Figma: コラボレーションインターフェイスデザインツール。

Figmaはダウンロードせずに、Web上で共同編集できるデザインツールです。何ページも作成するホワイトペーパーでは、担当する部分を分担して作業できるためとても制作する上で便利です。

Figmaは無料で利用できることやダウンロードの必要性がないこと、自動保存できることから人気を集めています。デザイン性にこだわりたい人にFigmaはおすすめです。

2.Canva

Canva

引用:Canva

CanvaはFigmaと同様にWeb上でデザインを制作できるツールです。テンプレートや図形などの素材は有料のみ使えるものがありますが、基本の機能や一部のテンプレートは無料で利用することが可能です。

ホワイトペーパーを作成する際はプレゼンテーション用やサイズを入力して選ぶことができます。また、ツール内のイラストやフォントをドラッグ&ドロップするだけでデザインのクオリティが高いホワイトページを作れることから、初心者でも簡単に使えるとおすすめです。

3.Microsoft PowerPoint

Microsoft PowerPoint

引用:プレゼンテーション資料作成 – PowerPoint 無料

Microsoft PowerPointはMicrosoft社がパワーポイントを作成するために提供したプレゼンテーションソフトです。数値的なデータを用いてグラフや図形を挿入することが簡単にできるため、ビジネス用のホワイトペーパーに向いています。

他にもテキストや記号は加えられるので手軽にホワイトペーパーを作成できますが、本格的なデザインを考慮したものに仕上げる場合には向いていないため、他のツールを使うことをおすすめします。

ホワイトペーパーでよくある3つの質問   

ホワイトペーパーを初めて作成するにあたって、多くの人が質問する内容は以下のようなものがあります。

  • ホワイトペーパー制作で社内にリソースがない場合はどうすればよいですか?
  • 表紙のデザイン作成後にチェックすべきポイントはありますか?
  • ホワイトペーパーの表紙で注意すべき点はありますか?

初めてでわからないことがあると不安になることがありますが、ホワイトペーパー作成においてよくある質問をまとめています。同じ疑問点がある人は以下の質問の回答を参考にしてみてください。

質問1.ホワイトペーパー制作で社内にリソースがない場合はどうすればよいですか?

社内でリソースがない場合は無理やり社内でホワイトページを制作するのではなく、外注して制作してもらうことを視野に入れることもひとつの方法です。ホワイトペーパーは企画から構成、制作するにあたって人員と特にそれなりの時間が必要になります。

ホワイトペーパーの制作を外注するとページ数によって異なりますが、約10万〜30万が相場です。社内と外注先のデザインや制作のノウハウ、予算などを考慮して、比較してから内製か外注かを検討してみましょう。

質問2.表紙のデザイン作成後にチェックすべきポイントはありますか?

表紙のデザインを仕上げた後にチェックすべきポイントは主に以下の通りです。

  • 使用する画像が古くないか
  • 余白が少なく、いろいろな要素を詰め込みすぎていないか
  • タイトルの色やフォントにばらつきがないか
  • ホワイトペーパーの目的に沿った表紙になっているか

一番重要なことはユーザーにホワイトペーパーをダウンロードしてもらうことです。そのため、目的に合った表紙のタイトルやデザイン、魅力的な表紙になっているかを確認しましょう。

質問3.ホワイトペーパーの表紙で注意すべき点はありますか?

ホワイトペーパーの表紙で気をつけるべきことは次の3点です。

  • 可能な限り専門用語を使わない
  • 商品やサービスを押し売るタイトルにしない
  • 目的から離れたタイトルにしない

ユーザーがホワイトペーパーのタイトルを読んだとしても、専門用語が並ぶと予備知識がない限り自分の目的に合ったものがわからない可能性があります。また、ホワイトページはユーザーの課題解決を手助けするための資料であることを踏まえて、タイトルを考えましょう。

まとめ   

ホワイトペーパーの表紙はユーザーが最初に目に入る部分なので、興味を持ってもらえるかどうかでホワイトペーパーのダウンロード率が決まる大事な部分です。それを踏まえて、今回は表紙のデザインに必要な要素や作る上で意識したい内容を紹介しました。

初めてホワイトページを作成する人には制作過程で難しいと感じる部分も多くありますが、ユーザーの興味を惹けるようなキャッチーかつ魅力的な表紙を心がけて作成してみましょう。