【2023年最新】被リンクを依頼する際の手順とは?使えるメールの例文や意識すべきポイントを徹底解説

【2023年最新】被リンクを依頼する際の手順とは?使えるメールの例文や意識すべきポイントを徹底解説

Googleや読者の評価が高いWebサイトからリンクされると、SEO効果が高まる可能性があります。そこで、評価の高いWebサイトに依頼をするケースがあるでしょう。

しかし、相手にとってもメリットがあるような依頼をすることが重要です。この記事では、被リンク営業が効果的な理由や基本的なプロセス、さらに依頼をするためのおすすめ企業を紹介します。

被リンクを依頼する「被リンク営業」とは?

被リンク営業とは、リンクして欲しいWebサイトを運営している企業や団体に被リンクを依頼することです。

しかし、ただ依頼するだけでは被リンクをしてくれることはほとんどないといっていいでしょう。そこで、相手にとってもメリットがあるように提案をすることが重要です。

例えば、相手の商品やサービスを紹介するような記事を掲載すれば、相手にとって大きなメリットがあるため被リンクをしてもらいやすくなります。インタビューをして自社サイトで紹介するケースも少なくありません。

なお、被リンクのSEO効果を得られる種類や良質な被リンクを獲得するコツについては次のページで詳しく解説しています。

参考:【初心者向け】被リンクとは?SEO効果を得られる種類や良質な被リンクを獲得するコツをわかりやすく紹介!

被リンク営業が効果的な3つの理由

現在被リンク営業をしている企業は少なくありません。 被リンク営業が効果的な理由として次の理由が挙げられます。

  • 上位表示するまで待つ必要がない
  • Googleが推奨している
  • E-A-Tを担保できる

以上のように、被リンク営業をした方がSEO対策やより効果的なWebサイトにするため効率が良い場合があるためです。

1.上位表示するまで待つ必要がない

相手から自然とリンクされるためには、自社のWebサイトが上位表示されることが必要です。そのためには、Googleに高い評価をされる必要があるでしょう。

しかし、被リンク営業をすることで自社のWebサイトを知ってもらえる機会が増えるため、上位表示されやすくなり自然とリンクされる可能性が高まります。

2.Googleが推奨している

被リンク営業は、Googleが推奨している方法でもあります。被リンク営業をすることで自然な被リンクを獲得しやすくなり、Googleの評価が高まりやすくなるといってよいでしょう。

Googleが推奨していることを続けている方が長い目で見ても効果的であり、被リンク営業はさまざまな観点においてするべきです。

3.E-A-Tを担保できる

Googleでは、WebサイトにE-A-T(専門性・権威性・信頼性)を求めています。しかし、これらE-A-Tは自然に得られるわけではありません。

特に、上位表示もしていないようなWebサイトに、E-A-Tを兼ね備えたWebサイトから自然にリンクしてもらえることはほとんどないでしょう。そこで、被リンク営業を行うことでE-A-Tを兼ね備えたWebサイトにリンクをしてもらうことが必要です。

被リンクを依頼する際の手順は3ステップ

被リンクを依頼する手順は一般的に次の3ステップです。

  • 競合サイトが集めている被リンクを調査する
  • お互いにメリットがあるWebサイトを探す
  • サイトの運営者に営業をかける

被リンクをしてもらうためには、相手のことをよく理解してお互いにメリットがあるように進めていくことが重要です。そのためにはしっかりと手順をふむことが重要です。

ステップ1.競合サイトが集めている被リンクを調査する

被リンク営業をする上で、競合サイトの情報を参考にするとよいでしょう。自社と同じような相手にアプローチをしている競合他社が、どのようなコンテンツにおいて被リンクを集めているのかを把握することが重要です。

さらに、被リンクを調べていくとターゲットとなるユーザーのニーズや課題などがわかる場合もあるでしょう。

ステップ2.お互いにメリットがあるWebサイトを探す

被リンク営業をしても必ずしも成功するわけではありません。重要なのはお互いにメリットがあるWebサイトを探すことです。

前もって相手のWebサイトにおいて精査することにより、お互いにとってメリットがあることを把握し相手に伝えるようにしましょう。相手にとって被リンクをしてもメリットがないと判断されたら、被リンク営業はほとんど成功しないといっても過言ではありません。

ステップ3.サイトの運営者に営業をかける

相手のWebサイトにおいて十分な調査やメリットを把握出来たら、実際にWebサイトの運営者に営業を行います。被リンク営業は一般的にメールで進めていきます。

しかし、開封されるとは限らないため開封率を上げるような工夫が必要です。十分に相手にとって魅力のある話であることを、伝えられるようなタイトルを設定しましょう。

被リンク営業で意識すべき2つのポイント

被リンク営業で特に意識するべきなのは次の2つのポイントです。

  • 相手の立場に立ってメリットを探す
  • 相手に手間をかけないよう工夫する

被リンクをする場合は双方にとってメリットがあることが重要です。さらに、相手にとって手間がかかるようであれば被リンク営業がうまく進まない場合があるといってよいでしょう。

それでは、それぞれの項目について詳しく説明していきます。

1.相手の立場に立ってメリットを探す

相手にとってメリットがあれば、前向きに話を聞いてくれる可能性が高まるでしょう。相互リンクをすることでお互いにメリットを得ようとすれば、関連性がありさらに自社のWebサイトが評価されていなければいけません。

そのため、被リンク営業をするまえにコンテンツを充実させることが重要です。相手にとって相互リンクをしたいと思わせるようなWebサイトを作りをしましょう。

2.相手に手間をかけないよう工夫する

相手にとって魅力的な話であっても、手間がかかるようであれば被リンク営業がうまくいかない可能性が高まります。例えば、リンクを設定する方法が複雑であれば、相手の担当者の負担が大きくなってしまい断られる可能性があります。

そのため、相手が簡単に設定できるように工夫をすることが重要です。相手にとってマイナス要素がほとんどない状態で営業を進めるようにしましょう。

被リンクの依頼に使うメール文につて

被リンク営業は一般的にメールで行うため、実際に会って営業をするよりも難しい場合があります。文章によっては相手に不快感を与える可能性があります。相手の立場にたってメールをするようにしましょう。

相手のサイトユーザーに有益な情報を提供できるといった、相手にとってメリットを感じるような文章を書くようにすることが重要です。

被リンク対策の依頼におすすめする会社5選

被リンク対策はさまざまな会社がしていますが、それぞれ特徴やサービスなどが異なります。中でもおすすめの会社を5社紹介します。

被リンク対策に対応している会社特徴費用
GMOインターネット株式会社SEO対策において実績が豊富要問合せ
株式会社ウィルゲートSEO対策において4,300社をサポートした実績要問合せ
株式会社ディーボ検索順位において実績豊富月額7,980円~
株式会社J・GripWeb集客や広告運用に特化要問合せ
株式会社アーバン企画HP作成からコンサルティングまでワンストップ体制初期費用+月額2万円

1.GMOインターネット株式会社

1.GMOインターネット株式会社

引用:GMOインターネットグループ

GMOインターネット株式会社はSEOにおける実績が豊富です。10年以上GMOSEO+とよばれるWebサイトにおいてSEOにおけるノウハウを提供したり、4,000社以上の支援実績があるなどさまざまな実績があります。

そのため、SEOにおいて実績豊富な企業を選びたい場合におすすめの企業です。

2.株式会社ウィルゲート

2.株式会社ウィルゲート

引用:株式会社ウィルゲート

株式会社ウィルゲートは、SEO対策において4,300社に対して支援をした実績があります。被リンクとコンテンツの充実度が重要だと考えており、Webサイトにあっているキーワードの調査から行います。

このため、被リンク対策以外にもコンテンツ対策も進めたい企業におすすめです。1社ごとにオールインワンで支援をしてくれるので安心です。

3.株式会社ディーボ

3.株式会社ディーボ

引用:株式会社ディーボ

株式会社ディーボはWeb制作会社であるだけでなく、SEO対策に特化しています。被リンク情報を分析したり、ニーズの高いコンテンツ分析をしたりなど幅広く改善案を提供することが特徴です。

さまざまなプランがあり、ニーズや予算に合わせてサポートの種類を選べます。検索順位が上がらないとお悩みの会社におすすめです。

4.株式会社J・Grip

4.株式会社J・Grip

引用:株式会社J・Grip

株式会社J・GripはWeb集客や広告運用に特化に特化した会社であり、自社に在籍している専門のエンジニアがSEO施策を提案してくれます。SEOに強いだけではなく、それぞれのWebサイトの業種やターゲット、目的などからキーワードを選定して、ページ設計まで支援してくれる会社です。

さまざまな領域に対応しており、どのような業種であっても対応可能です。

5. 株式会社アーバン企画

5. 株式会社アーバン企画

引用:株式会社アーバン企画

株式会社アーバン企画は、被リンクをはじめ外部対策や内部対策の両面にて十分なサポートを行います。定額制なので、成果がでても費用が上がることはありません。

そのため、費用をかけずにWebページの効果を上げたい会社におすすめです。被リンクは、内部構成やコンテンツが重要であることから効率的なサポートをしてくれる会社といえます。

被リンクの依頼でよくある3つの質問

被リンクの依頼でよくある質問をまとめました。よくあげられているのが次の3つです。

  • 被リンクの依頼でおすすめの営業手法はありますか?
  • 被リンクを依頼する会社選びのポイントはありますか?
  • 質の良い被リンクの特徴は何ですか?

疑問に感じている人が多い内容なので、被リンクの依頼をしようとしている人には参考になりやすいでしょう。

質問1.被リンクの依頼でおすすめの営業手法はありますか?

被リンク営業をするにあたって、まず権威のある人にインタビューをすることでインタビュー内容を記事にする方法があります。取材をしている時点で実績となっており、自然と取材元のリンクを掲載することが可能です。さらに、インタビューをされた相手にとっても記事を通して知ってもらえる機会が増えるため、お互いにWIN-WINの状態です。

また、自治体の企業や地域を紹介する記事を書く方法があります。自治体関連の記事を書くと行政関連のWebサイトから被リンクされるケースが増えるため、Webサイトの信頼性が高まります。

質問2.被リンクを依頼する会社選びのポイントはありますか?

被リンクを依頼する場合、SEO対策における実績が豊富な会社を選ぶとよいでしょう。成功事例が多い会社であれば、ノウハウや経験などを持っています。

しかし、SEO対策といっても様々な分野があるため、成功事例が自社が求めていることと近い会社を選ぶことが重要です。

また、自社メディアで成功事例があるとさらに信頼性が高まります。自社メディアの検索流入数が増えている会社を選びましょう。

質問3.質の良い被リンクの特徴は何ですか?

質の高いWebサイトにリンクされてこそ、はじめてGoogleが高い評価をします。質の高いWebサイトとは、自社サイトのコンテンツと関連性の高い場合、自然な流れでリンクできる場合、そしてGoogleが高く評価をしているWebサイトです。

現在では被リンクの数だけでは評価されないので注意しましょう。

まとめ

質の高いWebサイトから被リンクがあると、Googleの評価が上がりSEO対策につながります。そのため、被リンクを受けられるように営業をかけることは重要です。

しかし、相手企業や団体の迷惑を考えずに営業をすることはNGです。相手にメリットがあるように、十分準備をして営業をするようにしましょう。相手にメリットがなければ、被リンク営業は成功しません。