【2023年最新】SEOにおける権威性とは?権威性を高めるおすすめの方法10選も徹底解説します!

【2023年最新】SEOにおける権威性とは?権威性を高めるおすすめの方法10選も徹底解説します!

SEOの施策を考えるときに、「権威性」という言葉を聞いて、意味がいまいち分からないと思ったことがあるのではないでしょうか。それと同時に「E-E-A-T」と細かい専門的な言葉を見つけるなど、SEOにおいて権威性の高さが重要視されています。

SEOを考える際に必要な権威性と、それを高めるためにおすすめの方法など、SEOと権威性についての関係などを詳しく紹介します。また、権威性を調べる中でよくある質問もまとめているので、最後まで読んでみてください。

SEOにおける権威性とは?

「権威」は一般的に「社会的に承認された」という意味です。例えば、特定の分野で賞を取った人は専門知識を兼ね備えており、社会的承認されているため権威があると言えます。

SEOにおける権威性は、Webサイトが特定のジャンルで世間の人々から信頼され、社会的に価値があるものを指します。権威性を高めるだけがSEOに効果的なのではなく、専門性や信頼性も意識してコンテンツ制作することで、SEO評価が高くなるのです。

Googleが提示する「E-E-A-T」

権威性は、Googleが提示する検索品質評価ガイドラインのひとつです。そのガイドラインにはE-E-A-Tというページ品質を高めるための基準が定められており、以下の4つの評価項目に分けられます。

  • Experience(経験)
  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trust(信頼性)

Webサイトを持っているのであれば、E-E-A-Tは押さえておきたい項目です。それぞれの意味について以下にみていきます。

Experience(経験)

Experience(経験)はコンテンツのトピック内容に、制作者の実体験や人生経験がどれほど含まれているかを示す指標です。

例えば、実際にSEOに特化したホームページを運用して10年の人がコンテンツを制作したとします。10年の間にホームページの掲載順位がどのように変化したのか、何の数値に変化があったかを実際の状況とともに説明すると経験による情報が豊富となるのです。

特定のトピックについて実体験に基づく一時情報のコンテンツが、二次情報や三次情報から有益な情報として高い評価が受けられます。

Expertise(専門性)

Expertise(専門性)は特定のトピックや分野で、どれほど深い内容の情報が書かれているかを表す指標です。Webサイトがある内容に対してどれほど特化しているかを表すため、E-E-A-Tの中でも最も重要視される指標です。

例えば、病気について調べる際は誰かのブログから得る情報より、医療の専門機関による情報を参考にする人が大半ではないでしょうか。金融や政治関係でも同じことが言えます。

そのため、メディアの専門性を高めるためには、1つの分野に絞ってコンテンツを作成することがおすすめです。

Authoritativeness(権威性)

Authoritativeness(権威性)はWebサイトにどれほどの権威があるのかを確かめるために、情報源の知識や技術、専門性があることを示す指標です。Webサイトの運営者が個人や企業と関係はありませんが、知名度が低いサイトはユーザーの満足度を満たせないと判断される可能性が高くなります。

しかし、他サイトからの良質なリンクを利用した場合は、Googleからの信頼が得られて権威性があるサイトと認識されます。注意点として、購入先のリンクや悪質なリンクを添付すると逆に権威性が下がるため注意が必要です。

Trust(信頼性)

Trust(信頼性)はWebサイトに含まれるコンテンツがどれほど信頼できるかを示す指標で、E-E-A-Tで最も重要な指標です。しっかりと知識のある人がコンテンツを制作しているのか、それとも知識のない人がコンテンツを制作しているかで信頼性が大きく異なります。

誰がコンテンツを制作したのかを記載していること、コンテンツの情報が正確であるかどうかも信頼性の評価のひとつです。例えば引用した内容が論文や官公庁のデータであればコンテンツの正確性が高く、ユーザーとGoogleから信頼される情報となります。

SEOにおいて権威性が重要とされる理由

SEOにおいて権威性が重要とされる理由として、Webサイトのコンテンツが本格的に良質であるというという根拠になります。近年では「E-E-A-T」が導入された背景に、無理やり検索キーワードをコンテンツに入れ込んだり、ただリンクをコンテンツに入れ込んだりといった小手先のSEO施策を行った低品質なものが上位表示されたことがありました。

その結果、Google公式資料にも掲載されているように「E-E-A-T」が重要視されるようになり、ユーザーの悩みを解決できる内容が評価されるようになりました。そのため、権威性があるものはSEO対策にとても有効的だと言えるのです。

権威性を高めるおすすめの方法10選

権威性を高めるためにオススメの方法は以下の通りです。

  1. 運営者情報を正確に記載する
  2. 専門家や有識者の監修を受ける
  3. 権威性のあるWebサイトからの被リンクを受ける
  4. 出典・引用元などの情報源を明記する
  5. サイテーションを獲得する
  6. 記事の公開日や更新日を明示する
  7. 扱うテーマに統一性をもたせる
  8. 良質なコンテンツを一定数確保する
  9. 定期的に記事の情報を更新する
  10. オフラインの活動にも注力する

権威性を高めるには「E-E-A-T」も相関的な要素となるため、権威性のみを高めるのではなく可能な限り同時に対策してみましょう。

1.運営者情報を正確に記載する

Webサイトを運営している企業名や代表名、コンテンツを作成している執筆者や監修者の名前を記載することで、ユーザーに対して誰かが責任を持って運営していることを伝えられます。

この際に、執筆者や監修者が専門的な知識を有する場合は、簡単なプロフィールを記載することで専門性や信頼性が高まります。また、同時にSEOに対しても効果的です。

2.専門家や有識者の監修を受ける

専門家や有識者の監修を受けることで、ユーザーからの信頼性がとても高まり「E-E-A-T」は高評価です。そのため、監修なしに知識量の少ない人がコンテンツを作成すると専門性は低く権威性がありません。

例えば、健康食に関して記事を執筆していても、管理栄養士の監修がなければトピック内容が事実かどうか分からずに信憑性が低くなります。そのため、しっかりと監修を受けた記事を作成することが権威性を高めるために重要です。

3.権威性のあるWebサイトからの被リンクを受ける

権威性のあるWebサイトからの被リンクを受けることで、自分のコンテンツの権威性を高めることが可能です。この時に、どのサイトからの引用でもいいのではなく、公的機関や権威性のあるサイトでないと効果が低いため、権威性のある運営者かどうかをしっかり確認することも大事です。

また、幅広い人からサイトを認知してもらうためにも被リンクを受けることは効果があります。なお、良質な被リンクを獲得するコツは次のページにて紹介しています。

参考:【初心者向け】被リンクとは?SEO効果を得られる種類や良質な被リンクを獲得するコツをわかりやすく紹介!

4.出典・引用元などの情報源を明記する

コンテンツ作成の中で他記事を参考にする場合は、出典や引用元などの情報源をしっかりと明記ましょう。特に数値やデータを引用もしくは参考にする場合は、公的機関や専門機関、官公庁などを引用すると信憑性が高く、確かな数値であることが証明できます。

たとえコンテンツが良質で有益な情報を記載していても、情報源が正しいものであるかどうか分からないとユーザーは信頼できるかどうか判断できません。そのため、権威性を高めるためにしっかりと情報源を記載することは重要なのです。

5.サイテーションを獲得する

サイテーションを獲得することも、権威性を高めるために重要なポイントです。サイテーションは他サイトやSNSから言及を受けることを指します。

サイトの被リンクの記載がどうしても難しい場合は、サイテーションの獲得をしてみましょう。サイテーションはリンクではなく、「〇〇のサイトからわかるように」「〇〇の情報より」などのサイト名を記載することでも有効です。

6.記事の公開日や更新日を明示する

記事の情報が新しいものかどうかを判断するために、記事の公開日や更新日を明示することは重要です。情報が常に更新されていることから、いつ発信された情報もしくは更新したかを明確にすることで信憑性を保つことができます。

仮にコンテンツを発信した日が記載されていないと、いつの情報かわからず情報が正確かどうかも判断できません。そのため、リライトした際もしっかりと日付を更新することを忘れないようにしましょう。

7.扱うテーマに統一性をもたせる

扱うテーマに統一性を持たせることは、専門性と権威性を高めるために重要です。あるオウンドメディアが様々なジャンルのトピックを取り扱っていても、専門性が高いかどうかをユーザーは判断できません。

例えば、海外文化の記事を執筆しながら電化製品のトピックを取り扱っても、どちらの分野にも関連性がなく専門性があるのかは不明確です。サイトを構築する際は、特定のトピックに絞ってコンテンツを作成しましょう。

8.良質なコンテンツを一定数確保する

メディアを運用する際は、良質なコンテンツを一定数確保することが権威性を高めるためのポイントです。サイトの権威性を保つ上で、少数のコンテンツのみを評価するのではなく、メディア全体を評価するからです。

そのため、サイト全体で情報の網羅性が高いとSEOにおいても高い評価が得られます。サイト全体で権威性を高めるためにも、特定のトピックで良質なコンテンツを集めるようにしましょう。

9.定期的に記事の情報を更新する

情報が古くなって権威性を失わないために、定期的に記事の情報を更新しましょう。たとえ良質な記事であっても数年前から更新されずに放置されていると、古い情報を記載したメディアと判断されます。

古い情報はユーザーにとっても有益ではなく、結果的に権威性が低いと評価されてしまいます。常に新しい情報を発信していると認識してもらうためにも、定期的にリライトして内容や更新日を更新しましょう。

なお、次のページでは、SEO記事のリライト方法や効率よく検索順位をあげるためのコツを解説しています。こちらも参考にしてみてください。

参考:【2023年最新】SEO記事のリライトとは?効果や方法、効率よく検索順位をあげるためのコツを徹底解説

10.オフラインの活動にも注力する

権威性を高める方法はWeb上のコンテンツのみでなく、オフラインの活動に注力することも効果的です。

例えば、オフラインでのセミナーやイベント、ミートアップなどの活動を行うことで、ユーザーからの認知も増えて信頼性が高まります。オフラインでのイベントを行う競合運営者が少ないため、差別化を図ることが可能です。

権威性に関するよくある質問

権威性を調べる中でよくある質問は以下の3つです。

  • E-E-A-Tで重視される「YMYL」とは何ですか?
  • 権威性はSEO以外にも役立ちますか?
  • YMYLに該当するWebサイトの種類は?

権威性は様々な情報と関係性をもっており、調べていく中で権威性以外の言葉を耳にすることや、SEO以外にもどのように関わっていくのかが疑問になるかもしれません。そのような疑問を解決すべく、以下に回答していきます。

質問1.E-E-A-Tで重視される「YMYL」とは何ですか?

YMYM(Your Money ot Your Life)は英語の意味から、金融もしくは人生の幸福や健康、経済などに影響を与える情報を示す言葉です。YMYL分野でコンテンツを作成した場合、E-E-A-Tにおいて厳格に評価されます。

特に、医療系メディアや法律系メディア、健康メディアや金融系メディアは気をつけながらコンテンツを作成しなければいけません。また、不動産や求人、転職系のメディアも含まれます。

Googleでは「ユーザーファースト」を掲げているため、低品質なコンテンツを上位表示することを妨げています。特にYMYL分野においては私たちの生活に大きく関わる分野のため、E-E-A-Tの評価がより厳しくなるのです。

質問2.権威性はSEO以外にも役立ちますか?

権威性のトピックについて記載されている多くのものがSEOに関してですが、LPのコンバージョンにも大きく関わってきます。ランディングページは権威性の表現を1ページ内に全て納めるため、不可欠な要素のひとつとも言えます。

権威性はユーザーの信頼を得ることやメッセージの説得性をサポートすることから、LPの商品やサービスの説明を考える際にヒントとなるのです。コンバージョンにつなげるためのメッセージや文言を考える時には、権威性があるかどうかを基準に考えてみましょう。

質問3.YMYLに該当するWebサイトの種類は?

YMYLに該当するWebサイトの種類は、主に以下のようなものが挙げられます。

  • ショッピングなどで金銭を取り扱うページ
  • 金融に関するページ
  • 医療に関するページ
  • 法律に関するページ
  • 不動産に関するページ
  • 時事ニュースや国民に関する情報を扱うページ
  • 人種や集団に関するページ

私たちの生活に大きく関わるような内容がYMYLとして取り扱われているのです。そのため、人の人生を左右するようなコンテンツを取り扱う場合は、内容の信憑性や権威性が重要なため厳格に評価されます。

まとめ

WebサイトやSEOにおける権威性について紹介しました。Googleはユーザーファーストを重視するようになったことから、検索上位表示するためにもコンテンツにおける権威性やE-E-A-Tが重要です。

権威性を高めるためにはメディアを運営する中で、コンテンツ内で気をつけないといけない点がたくさんあります。メディアを運営している人は、自分のコンテンツに権威性があると言えるかどうか確認してみましょう。