【初心者向け】SEO対策は自分でもできる?手順や注意点、おすすめのツールなどを徹底解説!

【初心者向け】SEO対策は自分でもできる?手順や注意点、おすすめのツールなどを徹底解説!

SEO対策を自分で実行するのは難しく、専門知識が必要と思ったことはありませんか。もしくは、SEO専門の企業やWebコンサル会社に依頼するにも予算のリソースがなく焦ったことがあるかもしれません。

少しでもGoogleの評価を上げて検索上位表示を目指すためには、SEO対策は必要です。

そこで今回は、SEO対策に向けて何ができるのか分からない人や使えるツールを紹介します。また、自分でできるSEO対策方法もまとめているので、SEOについて分からない人でも、読んだ後にSEO施策を実行できるようになります。

SEO対策は自分でもできる?

SEO対策は専門知識やWebコンサル会社でないと、SEO対策ができないのかというと違います。しっかりとポイントを押さえてやると、SEO対策は可能です。

例えば、コンテンツは一番取りかかりやすいSEO対策で、他にもユーザーの検索キーワードからサイトに誘導するなどが挙げられます。

SEO対策をされる中で、ユーザーはどのような意図やニーズがあって検索しているかを意識しましょう。無駄なキーワードや内容を省いて、キーワードを詰め込みすぎないことも忘れないようにしましょう。

なお、SEOを意識したキーワード選定のコツは次のページにて解説しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

参考:SEOキーワード選定のコツ|オススメのツールも10紹介!

SEO対策の施策種類は4つ

自分でできるSEO対策の施策種類は主に以下の4つです。

  • コンテンツ制作
  • ユーザー導線の最適化
  • 内部施策
  • 外部施策

一見言葉だけを見ると難しそうに思いますが、SEO専門の企業でも意識していることなのです。しっかりとポイントを押さえていけば、外注しなくてもできるSEO対策なので、どこに意識しなければいけないかに着目してみましょう。

1.コンテンツ制作

コンテンツ制作は検索上位表示を目指すためにも、SEO対策をすることは基本です。ユーザーニーズを押さえるために、ユーザーがどのような意図でキーワードを検索しているのか、サイトに訪れたユーザーの欲しい情報が詰まっており満足できる内容でコンテンツを作成することがポイントです。

コンテンツを作成する際に、タイトルに合わせた見出しやディスクリプションを書いて、どのような内容が書いてあるかをわかりやすくしましょう。また、更新日もSEO対策の基準になるので、日付の記載や更新日を記載することをおすすめします。

2.ユーザー導線の最適化

コンテンツの作成が終えたら、さらにユーザーがコンテンツの内容を理解しやすいように考え、興味を持ってもらいやすくします。

例えば、コンテンツ内容に沿った画像を挿入したり、ユーザーにわかりやすいように略語ではなく本来の言葉を利用したり、専門用語や普段使わない言葉は注釈を入れたりなどすると理解しやすい内容になります。しっかりとユーザー目線で、言葉の意味や理解しやすい見出しの流れを考えてみましょう。

また、コンテンツで紹介した内容を解説した記事があるのであれば、過去の記事や関連したもののリンクを添付すると、他の記事へユーザーの導線をすることが可能です。ユーザーの導線をすることはSEO対策にもなるので、コンテンツ量が増えてきたら実行しましょう。

3.内部施策

内部施策は、検索エンジンがクローラーを正しく評価できるようにする施策です。確認しておきたいポイントは大きく2つあります。

1つ目は、タイトルや見出しを文字で入力できていても、HTMLが正しく入力できていないとクローラーがキーワードを認識できない可能性があります。そのため、文字化けが起きていないか、正しくHTMLが入力できているかを確認しましょう。

2つ目は、クローラーに対策したキーワードを認識させることです。タイトルや見出しのキーワードから、クローラーはどの内容のコンテンツかを判断します。また、コンテンツがしっかりとトピックに合わせたフォルダに含まれているかも重要です。

4.外部施策

外部施策は他社のコンテンツから被リンクを受けることです。被リンク数が増えるほど、良質な記事と判断されやすくなります。

特に、大企業や高評価を受けているサイトからの被リンクは良質なリンクとしてGoogleから評価されやすいこともポイントです。

被リンク数が増えれば増えるほど、他サイトのコンテンツを通じて、検索エンジンのクローラーから自社のコンテンツを見つけてもらいやすくなります。同時に、多くのユーザーからも自社のコンテンツを知ってもらう機会が増えます。

ちなみに、良質な被リンクを獲得するコツは次のページにて解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

参考:【初心者向け】被リンクとは?SEO効果を得られる種類や良質な被リンクを獲得するコツをわかりやすく紹介!

SEO対策に向けてコンテンツ制作を自分で始める際の手順は8ステップ

SEO対策に向けてコンテンツ制作を自分で始める際の手順は以下の8ステップです。

  1. ユーザーの悩みや課題を抽出する
  2. 対策するメインキーワードを決定する
  3. 競合サイトの調査・分析する
  4. ユーザーの興味関心を引く見出しを作成する
  5. ユーザーの悩みを解決するための文章を書く
  6. 関連するカテゴリでまとめて記事を制作する
  7. 文章にタグを付ける
  8. 定期的にリライトを実施する

コンテンツ制作からSEO対策を立てることは、一番始めやすいステップです。以上のスコンテンツ制作におけるステップを押さえて、SEO対策を行いましょう。

ステップ1.ユーザーの悩みや課題を抽出する

ユーザーがなぜそのキーワードで検索しているのかを踏まえて、ユーザーの悩みや課題を抽出することが最初のステップです。私たちが検索窓で何かを調べるときは、「何を解決したくて知りたい」「何かを知りたい」といった意図があるように、ユーザーも同様に何か悩みや課題に向けて検索します。

ただユーザーの意図を全体像から知ることは難しいので、年齢や性別、目的を決めたペルソナを設定すると明確なユーザーを考えられます。

ステップ2.対策するメインキーワードを決定する

作成するコンテンツの分野でキーワードを決めたら、対策するメインキーワードの決定です。その際に、ユーザーの意図が、何か情報を知りたい「情報型」か購入や申し込みなどのアクションを起こす「取引型」、情報のメインページに移動したい「案内型」に分けられます。

例えば、「ヘッドフォン 高品質」であれば、ユーザーは音質の良いヘッドフォンを購入したいというアクションを起こそうとしていることが分かります。

他にも、「Wordpress 使い方」であれば、どのようにWordpressを使うのかという手順を知りたいというユーザーの意図が予測できるのです。

仮に、自分の決めたメインのキーワードがユーザーの意図に合っているかを確認する場合は、メインキーワードで検索して1ページ目にくるコンテンツを参考にしましょう。Googleで高評価を受けているためユーザーのニーズを捉えているという認識なのです。

ステップ3.競合サイトの調査・分析する

コンテンツを作成するためのキーワードが決まったら、競合サイトの調査・分析をしてみましょう。SEO施策をしっかりとできているものが検索上位に表示されているため、ユーザーの意図に沿ったコンテンツとして正しいものが書かれていると言えるのです。

そのため、最初は検索上位の競合サイトがどのようなコンテンツを作成しているのか、どのような情報がユーザーニーズに応えているのかを分析してみましょう。同じような見出しをまとめてみると、その内容はユーザーが求めている情報だと分かります。

また、キーワードが決まったらユーザー側の立場になって検索し、どのようなコンテンツが作成されているかを確認するとユーザーについて理解しやすくなります。

ステップ4.ユーザーの興味関心を引く見出しを作成する

キーワードと書く内容を競合サイトの分析から決めたら、ユーザーの興味関心を引く見出しを作成しましょう。この時に、文章をいきなり書き始めるとコンテンツにまとまりがなかったり、ユーザーに必要な情報を入れ忘れたりする可能性があるので気をつけましょう。

また、キーワードの組み合わせによってユーザーの意図が異なります。しっかりとペルソナを設定し、メインキーワードを見出しに組み込んでユーザーが読みたくなるような表現に仕上げることがポイントです。

それによって、ユーザーは見出しに興味をもちつつ悩みを解決できる内容だと思ってもらえます。

ステップ5.ユーザーの悩みを解決するための文章を書く

文章を書いていく際は、ターゲットとしているユーザーにあわせた言葉を使って、ユーザーの悩みを解決するための文章を書きましょう。

例えば、「検索ボリューム」という言葉を使ったときに、普段からSEO対策している人と初めてする人では言葉の理解度が異なります。そのため、ユーザーの理解度に合わせて、「検索ボリューム」から「ユーザーに検索されるキーワードの検索数」を言い換えましょう。

また、それぞれの見出しの文章を書く際は「結論」→「理由」→「具体例」→「結論」の順で書くと伝わりやすくなります。結論を最初に書くことで、「どうしてそのようになるのか」という疑問が生まれ、それに対する具体例を知ることで納得するという流れです。

そのため、最後に結論をもう一度書きます。また、最初に疑問が生まれると最後まで読まれやすくなる可能性も高くなります。

ステップ6.関連するカテゴリでまとめて記事を制作する

対策キーワードの記事がひとつ完成したら、最初は関連するカテゴリでまとめて記事を制作してみましょう。関連するキーワードでコンテンツを作成すると、記事の相互性が生まれてSEOの評価が高くなります。

その際に、関連する記事や内容を詳しく説明しているものがあれば、記事内にリンクを貼り付けることも効果的です。

関連するキーワードがわからない場合は、検索エンジンの検索窓で対策キーワードを打ち込むと他のするキーワードやサジェストが出てきます。これらはユーザーにたくさん検索されていることから関連度が高いため、関連するカテゴリとして記事を書いてみましょう。

ステップ7.文章にタグを付ける

GoogleのAIにどのようなコンテンツ内容であるかを伝えるために、文章にタグをつけましょう。Googleはどのようなコンテンツが書かれているかを読み取ることで、対策したキーワードのSEOを評価します。

そのときに情報を読み取る部分が、タグと呼ばれているものです。タグとしてあげられるものには、主に以下のものが挙げられます。

  • タイトル
  • 見出し
  • 太字
  • リンクの引用
  • 箇条書き

メインキーワードはGoogleにも伝わるように、しっかりとタグを使うようにしましょう。

ステップ8.定期的にリライトを実施する

一度記事を書いたら終わりではなく、定期的にリライトを実施するようにしましょう。

例えば、過去に書いた情報が古くなって変わっていたり、サービスが終了しているにもかかわらず紹介していたりなどがあるため、常に新しい情報を発信することが大事です。リライトをするタイミングは、3ヶ月から半年くらいの間隔が理想的です。

リライトの内容として最新の情報に変更するだけではなく、競合記事の内容が変わっていないか、オリジナル性をもっと出せないかを意識してみましょう。以上の内容をうまく改善し続けると、SEOの評価も上がりやすくなります。

自分でSEO対策を実施する際に注意すべき5つのポイント

自分でSEO対策を実施する際に注意すべき5つのポイントは以下の通りです。

  • Google検索の基本事項(ガイドライン)の理解
  • Googleからのペナルティ
  • 効果が出るまでの期間
  • YMYL領域の特徴
  • 継続的な順位のモニタリング

5つのポイントを押さえていないと、SEO対策がうまくできていなかったり効果が出ていないと感じたりする可能性があります。しっかりと内容を踏まえて、自分のコンテンツを見直してみましょう。

1.Google検索の基本事項(ガイドライン)の理解

SEO対策を行う中で、Google検索の基本事項(ガイドライン)の理解を深めることが重要です。コンテンツの掲載順位や、検索キーワードから関連があるかどうかを決める基準となるためです。

押さえておきたい基本事項は3つあります。

  • Web上での検索結果に最適なものを表示させる「一般的な基本事項」
  • 画像や動画などの特定分野におけるコンテンツのルールを押さえた「コンテンツ固有の基本事項」
  • ホームページやコンテンツが検索結果から除外される可能性のあるものを教える「品質に関する基本事項」

特に品質に関する基本事項はGoogleが特に厳しく評価しペナルティを与えるため、基本事項の内容に気をつけなければいけません。SEO対策をする前に、しっかりと内容を理解しておきましょう。

2.Googleからのペナルティ

無理やりキーワードをたくさん組み込んだり、被リンクをたくさん受けたりするとGoogleからペナルティを受ける可能性があります。

以上のような不自然なコンテンツを「ブラックハットSEO」と呼ばれており、コンテンツが良質ではないことが多く、Googleのアルゴリズムから有効な手段でないと判断されるようになりました。

そのため、現在では「ホワイトハットSEO」と呼ばれるユーザーに有益で高品質なコンテンツが重視されます。ユーザーニーズに合わせたコンテンツ作成がSEO対策に重要と言われる理由も、ホワイトハットSEOが理由なのです。

3.効果が出るまでの期間

SEO対策はユーザーのコンテンツ訪問数やGoogleの判断を待つ必要があるため、効果が出るまでに時間がかかります。そのため、コンテンツを公開した時点では評価が反映されず、効果の可視化ができません。

また、SEO対策の効果がリライトで改善した後に出てくる可能性もあるため、リライトの分析やそのときのユーザーニーズで効果が反映される期間も異なります。短期的な効果を期待するのではなく、中長期的な対策を心がけましょう。

4.YMYL領域の特徴

YMYL(Your Money or Your Life)は私たちの人生における幸福や健康、金融面などに影響を与える内容として取り扱われる言葉です。YMYLに関する内容として以下ものが挙げられます。

  • 健康や医療系に関する内容
  • 法律に関する内容
  • 政治や時事ニューズに関する内容
  • 不動産に関する内容
  • 就職や転職に関する内容

YMYLは私たちに誤った判断を与えないために、Googleは情報の正確性や信憑性、権威性といった評価基準の「E-E-A-T」にならって評価します。

そのため、SEO対策することが難しいトピックであること、掲載順位に変動が起きやすい内容ということを抑えることが必要です。

5.継続的な順位のモニタリング

以前までは上位表示されていたコンテンツも、時間が経つにつれて掲載順位が下がる可能性があるため、継続的な順位のモニタリングが必要です。ただ順位を見るだけではなく、どのような競合記事の内容が上位表示されるようになったのか、成果が出ていないコンテンツの原因は何かを押さえてリライトをしなければいけません。

リライトを行うタイミングだけでなく継続的な順位をしっかりモニタリングし、自分のコンテンツに何が足りていないのかを分析することも重要です。その際に、全体のコンテンツ設計や記事の質、キーワードが正しく設定されているかなどを確認してみましょう。

自分でSEO対策を実施する際に利用したい4つの無料ツール

自分でSEO対策を実施する際に便利で利用したい4つの無料ツールは以下の通りです。

  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール
  • Googleサーチコンソール
  • ラッコキーワード

自分でSEO対策を行うだけでは難しいこともたくさんあります。しかし、無料ツールを利用するだけでも大きな手助けとなるので、以上のツールを使いながらSEO対策をしていきましょう。

1.Googleアナリティクス

Googleアナリティクスはサイトやサイト内の各ページに訪問したユーザーについて分析できるツールです。どれくらいの数のユーザーがどの経由で訪れたのか、サイト内でどのような行動をしたのかを分析できます。

また、ユーザーの目的や動向、滞在時間などについて数値的な結果で分析できるため、サイトを改善するためにとても役立つ情報が得られます。

2.Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールは、どれくらいの数のユーザーがどのような検索キーワードでサイトに流入してきたかを知ることができるツールです。Googleのみの検索エンジンからですが、キーワードの順位やクリック率などサイトを分析するなかで有効的な情報が得られます。

また、自分のサイト内の記事がGoogleに認知されているかどうか、自分のサイト設計をGoogleに伝えられる機能が備わっているため、SEO対策には欠かせないツールです。

3.Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Googleの検索窓で検索されるキーワードの月間検索回数を知ることができるツールです。コンテンツにする予定のキーワードがどれほど調べられているのか、関連するキーワードが何かを調べるためにとても役立ちます。

また、月間検索回数が多いものは大企業が検索上位表示されているため、掲載順位を高めることが難しくなります。月間検索回数が比較的少ないものからSEO対策して検索上位を目指すといった戦略設計を立てるために必要なツールです。

4.ラッコキーワード

ラッコキーワードは対策するメインのキーワードを入力すると、ユーザーが他によく検索する関連キーワードをまとめてくれるツールです。コンテンツ制作におけるSEO対策でも説明したように、関連する記事をコンテンツにまとめることで相互性が生まれ、高評価されやすくなります。そのため、関連キーワードの情報を得られることはとても重要です。

Googleキーワードプランナーでも関連キーワードについて調べられますが、キーワードの漏れがあることもあるので、複数のツールを利用して関連キーワードをなるべく多く集めるために役立ちます。

自分で行うSEO対策でよくある3つの質問

自分でSEO対策を行う人が疑問に思ったり、もっと知りたいと思ったりするよくある質問は以下の3つです。

  • SEOが自分でできるようになるおすすめの本はありますか?
  • SEO対策を外部に依頼する際のポイントはありますか?
  • SEO対策を自分で行うメリットは何ですか?

知っておくと今後役に立つ内容もあるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

質問1.SEOが自分でできるようになるおすすめの本はありますか?

SEOについて書かれた本はたくさんあり、そのなかでもSEO対策が初心者の人からポイントを押さえなおしたい人におすすめの本は以下のものがあります。

  • 沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—(エムディエヌコーポレーション)
  • 10年つかえるSEOの基本(技術評論社)
  • SEO対策・超入門2022(Kindle)

どの本もSEOについて初心者にもわかりやすくまとめられており、押さえておきたい基本やSEO対策のやり方などが学べます。特に「SEO対策・超入門2022」は最新のSEOについてまとめられているため、最も押さえておきたい最新情報が詰まっているのでおすすめです。

質問2.SEO対策を外部に依頼する際のポイントはありますか?

SEO対策を外部に依頼しようと思っても、どこの会社も「SEO対策ができます」と書いていて決め手がないと思ったことがあるかもしれません。SEO対策を外部に依頼するポイントはたくさんありますが、その中の一部が以下に挙げられるものです。

  • Googleの基本事項に沿っているか
  • 同業種の実績があるか
  • 一番得意とするSEO技術は何か
  • 過去の実績を紹介してもらえるか

特に業種が異なれば対策するSEOの得意分野も異なります。そのため、過去の実績を見せてもらった際に自分と同じ業種かを確かめましょう。

また、SEOで重要とする技術や基本となるGoogleの基本事項が押さえられているかも確認するポイントです。

質問3.SEO対策を自分で行うメリットは何ですか?

SEO対策の効果を短期的に出したい場合は外部に依頼することが最適ですが、長期的にみるとコストがかかります。また、Googleのアルゴリズムから、以前のように外注先に任せて検索上位表示にすることが少なくなりました。

SEO対策を自分でやることで長期的なコストを抑えられ、サイト設計やデザインなど他の部分に予算を使えます。SEO対策の知識やできる範囲が増えたら、今後コンテンツの拡大時に外部に依頼するときに明確な指示ができ、より最適なSEO対策を行えるようになります。

まとめ

SEO対策はコンテンツであれば初心者でも、ポイントやステップを押さえて自分ですることは可能です。外部に依頼する予算がない場合や、コンテンツを作成し始める段階であれば、最初は自分でSEO対策すると知識がつけられ、ユーザーの意図を読みやすくなります。

SEOが何に影響されるかを意識しながら、ツールを使って自分でSEO対策をしてみてはいかがでしょうか。